twitter twitter twitter
Line

LINE登録

Line

資料請求
お問い合わせ

Line

当グループに
ついて

ことばのトレーニングでは50音表を読む練習もします

皆さん、こんにちは(*^▽^*)

放課後等デイサービス総合療育センターつくば二の宮教室の田中です。二の宮教室は二階建ての建物です。1階では平日に放課後等デイサービスを、2階では土曜日にことばの個別療育が行われています。

~指を差しながら50音表を読めるようになろう~

子どもたちに50音表を見せながら読ませると、表を見ずに「あ、い、う、え、お…」というように読む子どもがいます。「あいうえお」を言うことはできるけど、字と言葉がつながっていない状態です。ことばのトレーニングでは1つずつ指を差しながら言う練習をして、字と言葉が頭の中でつながる訓練をしています。 来年小学校に行く子どもには、自分の名前を50音表の中で指差しをして読む練習も行っています。自分の名前を上手に言えるようにお口のトレーニングもかかせません👄

~ステップアップしたら穴埋めをしてみましょう~

50音表、絵カードなどでことばが増えてきたら穴埋めをします。絵を見ながら、子どもたちは一生懸命考えて答えてくれます。

~休憩もかねて手先のトレーニングをします~

指先のトレーニングは子どもたちは大好きです。指先の刺激は脳に伝わり活性化を促してくれます。

総合療育センターつくば二の宮教室 田中              住所:茨城県つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F

📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp

みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です。 前回は 自閉スペクトラム症とは~特徴やサイン~  についてのお話をさせて頂きました。今回は注意欠如・多動症(ADHD)についてお話させていただきます。  

注意欠如・多動症(ADHD)とは

主な特性は「不注意」「多動症」および「衝動性」がみられることです。 不注意 ・忘れ物が多い ・約束を忘れてしまう ・すぐにほかのこと(もの)に興味を持つ 多動性 ・熱中しているとき以外は、落ち着きがない ・授業中でもふらふらと立ち歩いてしまう ・ずっとしゃべっている 衝動性 ・突然物を投げたり人をたたいたりする ・道路に飛び出す ・順番が待てない などそれぞれの特徴があります。  

注意欠如・多動症の特徴やサイン

について幼児期と学齢期に分けて紹介していきます。   幼児期 好奇心が旺盛、周りの子どもに比べて活発で落ち着きがないことがあり、気付きやすい特徴としては常に動いていたり、手を離すとすぐにどこかに行ってしまうことがあります。 集団生活や周りとのかかわりでは友達とのトラブルが目立つようになります。   学齢期 授業中に静かに座っていられない、最後まで集中して活動に取り組めないことがあります。また提出物を忘れてしまうことも多く、様々な面で周りの大人に注意される傾向があります。  

注意欠如・多動症への対応ポイント

  • 主な特性である「不注意」「多動症」「衝動性」は周りに理解が得られることで、成長とともに落ち着いていくといわれています。
  • 自閉スペクトラム症の特性と誤解されたり、その他の精神疾患を併存していたりする可能性もあります。子どもの特性についてきちんと理解するために、専門家の診断を受けることが効果的な場合もあります。
  • 適切なサポートがなく、怒られてばかりいると、二次障がいに発展する可能性が高くなります。
いかがでしたか?今回は注意欠如・多動症について少し詳しくお話させていただきました。次回は学習障害についてお伝えしたいと思います。  
話は少し変わりますが
こどもプラスつくば吾妻教室は現在夏休み期間に入り朝から利用するお子さんが増えた時期になりました。先日午後の自由時間にスライムづくりを行いました😄 混ぜるのを楽しんだり... ペタペタ触って感触を楽しみました(≧▽≦)   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  みなさん、こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室のなつめです🌻 前回  発達障がいとは~必要な理解と支援~ についてお伝えさせて頂きました。 今回は自閉スペクトラム症(ASD)について詳しくお伝えしていきたいと思います。  

自閉スペクトラム症(ASD)とは

2013年、診断名称が「広汎性発達障害」から「自閉スペクトラム症」「自閉症スペクトラム障害」に変更されました。 これによって「アスペルガー障害」や「自閉症障害」が廃止されたことになります。  

自閉スペクトラム症の主な特徴

主な特徴としては ☆相互的な社会的コミュニケーションや対人関係の障がい(社会性の障がい) ・視線を合わせることができない ・会話の理解が乏しい ・顔の表情がない、乏しい など   ☆限定された反復的な行動や興味活動など(こだわり) ・変化への抵抗や習慣へのこだわり ・一定の決まった動きを繰り返す、ものを一定に並べる ・耳から入ってきた言葉をそのまま繰り返す など   ☆感覚敏感/鈍麻を伴うこと ・特定の音に敏感で、耳をふさぐ ・話しかけられても気づかない ・痛みに敏感・鈍感(例 骨が折れていても気づかない) ・においや食感に敏感で、食べ物の好き嫌いが激しい など があります。  

自閉スペクトラム症の特徴やサイン

次に特徴やサインについて幼児期、学齢期に分けてお伝えします。   幼児期 幼児期の特徴としては、視線が合わせようとしないことなどがあります。
  • 親が気付きやすい違和感がある
  • ほかの子供へ関心を示さない
  学齢期 予期しない変化に弱いため、運動会や遠足などの学校行事で、問題行動やパニックを起こすことがあります。
  • 感覚に過敏がある
  • 嗅覚や味覚に過敏がある
  • 曖昧な指示の理解が難しい
  • 表現力が乏しい
  • 身に見えないものの理解が難しい
子どもの特性に合わせたタイミングで背中を押せると、成長をひきだすことにもつながります。   今回は簡単に自閉スペクトラム症についてお話させていただきました   次回は注意欠如・多動性(ADHD)についてお話させていただきます☆ こどもプラスつくば吾妻教室では2~6歳児を対象に運動療育+言語トレーニングを行っております。見学、相談、お問い合わせお待ちしております。   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jpこんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室のなつめです🌻 こどもプラスつくば吾妻教室では発達障がい、発達の遅れがみられる子に対しての療育を行っておりますがそもそも「発達障がい」とは何なのか改めてお伝えしていきたいと思います。  

発達障がいの理解と支援

発達障がいは、生まれつき脳機能の発達が通常と異なっていたり、偏りがあったりする状態があることが原因とされています。 発達障がいがあると周りの環境に左右されたり、対人関係がスムーズにいかず想定外に誤解やトラブルを招くことがあります。 見た目では分かりにくいため周りからは「わがまま」や「自分勝手」と受け取られてしまいます。そのため「親のしつけ」や「甘やかされていること」が原因だと捉えられる事も少なくありません。 子どもの特性をよく理解して、それぞれに合った特性に合った支援や対処、環境設定をすることで子供の生きづらさが軽減され、心の安定につながります。  

発達障がいの分類

発達障がいの主な分類
  • 自閉スペクトラム症(ASD)自閉症スペクトラム障害
  • 注意欠陥・多動症(ADHD)
  • 学習障害(LD)
ASD、ADHAには知的障害が表れることもあります。ほかに、言語発達遅延滞や発達性強調連動障害、てんかん、チック、吃音などを併存している場合もあります。  

障がいの重複グレーゾーン

障がいは重複することがあり、複数の障がい特性をあわせ持っている子供もいます。障がいの診断は、社会適応に対して重要な問題になりやすい領域の障がいを最優先とします。 つまり、単一の診断名が「子どもの持つ発達障がいのすべてではない」ということです。 グレーゾーンとは 発達障がいの特性がいくつか見られるものの診断基準をすべて満たしているわけではなく、確定診断ができない状態をいいます。

まとめ

発達障がいやグレーゾーンも子どもたちは「本人の努力が足りない」「親のしつけがなっていない」などとネガティブなイメージを持ってしまう人も多いと思います。しかし決して本人のせいでも親御さんのせいでもありません。一人ひとりの個性として見れることでその子なりの成長ができます。 また現在こどもプラスつくば吾妻教室では年長児の利用が多くなっておりますが療育に通い始めるのに「まだ早い」はないと思います。少しでもお子さまの特性に気になることがありましたら療育をご検討下さい😊見学、体験受け付けております。 こどもプラスは小学生以上のお子さんを対象とした教室もありますので長期的な療育が可能となります。 こどもプラスその他の教室についてはこちらをクリック☆ 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jpみなさん、こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室です♪   今日はこどもプラスつくば吾妻教室の一日についてご紹介していきたいと思います。   午前  運動療育と言語トレーニング 9;30 順次登所 又 職員による送迎開始 登所後は朝の支度を行い、その後は自由遊び   🚀磁石のおもちゃでロケットを作りました🚀       10;30 片付けを行い、はじまりの会を行います 日にちの確認やお名前を読んだりします   運動遊び(約30分間) マット、鉄棒などを使い行います。   運動遊びの前のリズム体操🎵 これはエビカニクスを踊っています     この日は クマ歩きで線渡りに挑戦🧸         言語トレーニングで(約30分間) ・あいうべ体操、舌のトレーニング 子どもの気になる滑舌、発音 ・なぞり書き ・はさみなどを使い手先のトレーニング 折り紙で身につく意外な力 ・SST             11:45   各自お弁当を食べます モグモグタイム😋         午後   お弁当を食べた後はしばらくの間自由遊びとなります。 ・13:00~15;00 保育園や幼稚園への送迎 登所 自由遊び   この日は天気が良かったので近くの公園に遊びに行きました(≧▽≦)     14:45 おやつ     各自用意したおやつを食べます。 モグモグタイム(^-^)        

おやつを食べた後は自由遊び

  ゴロゴロしながら…     15:30 片付けを行い はじまりの会 運動遊び(約30分間)、言語トレーニング(約30分間) 椅子に座ってお話を聞きます             時間があれば自由遊び   17:00 順次降所 保護者の方がお迎えに来たり職員が送迎を行います。   このように運動遊び+言語トレーニングは一日に二回行い、一日のうちに行う内容は基本的には同じですが子どもの様子を見て内容を変更します。   また自由遊びのときやトレーニングの後時間があるときは近くの公園に遊びに行きます😊 公園に行くために頑張る!という子もいます☆   利用時間は 一日 9:30~17:00  午前 9:30~13:30 午後(保育園や幼稚園の後)15:00~17:00 必要に応じて送迎を行いますので見学や体験の際にご相談ください。  今回は平日の一日の流れを紹介させていただきました😊土曜日、祝日、学校が休みの日(夏休み期間など)はまた違った流れとなります🍀 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jpこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室です🌟   さて私事ですがこどもプラスつくば吾妻教室に勤めて二ヶ月が経とうとしています。 そこで今回はこの二ヶ月で感じた子どもたちの成長をお伝えしていきたいと思います(*’▽’)    

未就学児を対象とした運動療育と言語トレーニング

  まず初めにこちらの教室は2~6歳の保育園や幼稚園に通うお子様を対象とし運動療育+言語トレーニングを行う教室となります。 もちろん2~6歳であれば保育園や幼稚園に通っていなくてもOKです◎   主に言葉が出ない、上手く発音出来ない、コミュニケーションが上手く取れないと言うお悩みを持つ自閉症、発達障害、ダウン症などのお子様が通っています。 子どもの気になる滑舌、発音 ←トレーニングの一例となります。

落ち着きがなく動き回っていたAさん

  運動遊び、言語トレーニング共に興味を持たず歩き回っていましたが運動遊び中は先生と一緒に座り待っていたり一緒に参加出来るようになりました🌼 興味のある運動遊びに関しては名前を呼ばれると来るようにもなりました❢   そして一番成長を感じたことは言語トレーニングの時間になると自分から席に座り待っているようになった事です...!! お口の体操にも興味を持ち口を動かそうとする姿まで👏👏👏   まだお話はできませんが大きな成長となっています♪    

発音が上手く出来ないBさん

  療育にも積極的に参加し言葉の理解はできていてやり取りはできますが「サ行」や「ラ行」が上手く言えない様子で舌を伸ばすトレーニングを始めた頃はうまく出来ませんでしたが今では上手に伸ばせるようになってきました(≧▽≦) そして最近会話の中で自然と「てべり」ではなく「テレビ」と発音できていたのを聞き逃しませんでした...!! 聞けたのは一回だけでしたがこれも大きな成長ですね    

気になる子もきちんと成長している

  このように気になる子や発達の遅れがある子でもトレーニングを重ねていくことで成長を感じられることはたくさんあります。そして続けていくことも大切だと感じました☺   発達障害、自閉スペクトラム症、ダウン症だから成長しないではなくゆっくりゆっくりでもその子なりに成長しています。 お子様の成長を皆様と一緒に見つけて共有していけたらいいなぁと思います(*^^*)   気になることがありましたら是非一度見学に来て下さい😊 絵カード SST       なぞり書き✏   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp    みなさんこんにちは☆こどもプラスつくば吾妻教室です!(^^)!   ❢突然ですがお子様が発音がうまくできなくて「せんせい」が「てんてい」、「さかな」が「たかな」になってしまうなんて悩みありませんか?   今回は子どもの「発音」について少しお話させていただきます(*^^*)  

発音の誤りが起こる主な4つの原因

  • 麻痺を原因とするもの
  • 聴覚障害を原因とするもの
  • 器質性(生まれつき舌や口が平均的な形状と異なる)
  • 機能性(明らかな障害や原因が見つからないのに遅れがある)
  一般的にはこの4つが原因とされていて言語トレーニングではこの中の機能性の発音の誤りをトレーニングの対象としています(^^)    

難易度MAX舌を複雑かつ繊細に使う音

「サ行」「ザ行」「ラ行」「ツ」は舌を複雑かつ繊細に使う音となり50音順のなかでは特に発音が難しい言葉になります。 サ行→摩擦音(すき間を空けて発音) ラ行→弾き音(舌を丸めて後ろから前へ動かす) となりますので舌の動かし方が重要となってきます。 この行の言葉は5~6歳の発音に相当する段階です😀 その他は 母音、パ行、バ行、マ行、ヤ行、「ワ」→0~3歳 「タ、テ、ト」「ダ、デ、ド」「ナ行」→2~4歳 「カ行」「ガ行」「ハ行」「チ」→4~5歳 となります。※個人差はあります 発音の誤りを減らすためこどもプラスつくば吾妻教室では舌のトレーニングも取り入れております。  

舌のトレーニングのため行っていること

  まずは「あいうべ体操」こちらは口を大きく動かし口のトレーニングをします。楽しい音楽に合わせて楽しく行っています。 😲😬😙😝 うー の口         次に「舌を伸ばすトレーニング」こちらをこちらを上下左右10秒を3セット この舌を伸ばすトレーニング、実践してみて上に伸ばすことが難しい子が意外といました😳 繰り返すことで徐々に上手にできるようになってきています🎵         舌を横に伸ばしています😝   その他、「サ行」を綺麗に発音できるようにするため息を吹く練習をしています。   このようにこどもプラスつくば吾妻教室では「発語」のトレーニングだけではなく「発音」に関するトレーニングも行っています。   「言葉が遅い」「発音が気になる」などお悩みでしたらぜひ一度見学に来てみてください(^_^)   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jpみなさんこんにちは(^^)/ 総合療育センターつくば二の宮教室の小林です!! なんと!!!二の宮教室で新たにスタートするトレーニング教室のご紹介をしたいと思います!!! その名も、、、

『ことばのトレーニング教室』です!!!

児発のお子様にぜひ☆おすすめ☆の教室となりますので、この場をお借りしてご案内させて頂きます(^^)/  

~ことばの発声・発音やSSTも学べる『ことばのトレーニング教室』~

1人ひとりのお子様の特性に合わせた支援となり、言語聴覚士監修のカリキュラムを受講し資格を取得した職員が、お子様とマンツーマンで療育していく内容となります(^^) 療育内容は、お口周りの体操やフラッシュカードを用いて、感情のコントロールを養うことや、指先のトレーニングなどを組み込んでおります(*’▽’)

~こんな効果があります~

①はっきりと言葉を話すことができるようになる! ②感情表現や感情のコントロールができるようになる! ③理解できる言葉や話すことのできる言葉の数が増える! ④コミュニケーションが良好にできるようになる! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1時間の個別トレーニングとなり、その後30分間は保護者様との面談のお時間があり、定期的にお子様の状況をお話させて頂けます(^^) 集団での活動が苦手なお子様も、個別でのトレーニングから学んで、徐々に集団での療育にスライドしていく事も可能です! 気になる方は、是非お問い合わせください(^^♪ 総合療育センターつくば二の宮教室 小林  みなさんこんにちは☆こどもプラスつくば吾妻教室です😊   4月からの新生活が始まり一ヶ月が経ちましたね(*^^*) 新生活には慣れましたか? 新しい環境というのはワクワクと同時に不安やソワソワ感がありますよね^^;  

進級お祝い🎉

こどもプラスつくば吾妻教室では4月19日(火)に進級お祝いパーティーを行いました❕ 午後のおやつの時間にクラッカーにクリームとチョコスプレーをかけてみんなで食べました(*’▽’) 美味しく食べ、上にのせたクリームだけなめる子もいました(笑)   今回は先生が作りましたがクリームをしぼったり飾りつけなど子どもたちで行うこともあります♬  

新しい環境が苦手

さて新生活、新しい環境というものは大人でも緊張したり慣れるまでに時間がかかったりします。子ども(発達障害、グレーゾーンのお子様)は新しい環境に慣れるのに大人以上にたくさんの「壁」を乗り越えなくてはいけません。 スムーズに慣れるようになるための必要なのが親子のコミュニケーションを通した「脳育て」と言われています😊 環境の変化に負けないよう発達障害・グレーゾーンの子どもの脳を育てるキーワードとなるものは、「おうちの人の声かけ」です。  

肯定と否定のバランスを整える

コミュニケーションの性質上、肯定的なことは目減りして、否定的なことは増幅して、相手に伝わります。 たくさん褒めていてもたった一回の否定の言葉のほうが子どもには伝わってしまうのです😣なのでこの時期は思い切って「肯定:否定=9:1」にしてみてください。 そして大切なのは子どもが褒められてると感じているかどうかです。表情にも気を付けてみてください。 褒め方としてはやったことをそのまま言葉にして実況中継するだけでOKです◎ 「ごはん食べてるんだね」 「お支度はじめたんだね」 「お片付けできたね」 などこれだけで十分肯定となります(^^)  

「褒めること」「肯定すること」で子どもの成功体験の記憶を作る

子どもを肯定することで、子どもは「認めてくれた」と感じます。 日常のコミュニケーションの中でこれらを繰り返すことで脳が育っていき、指示に対して素直に反応して動けるようになったり、自分から行動できるようになっていきます。 発達障害、グレーゾーンの子ども以外でも効果的ですので実践してみて下さい♬ こどもプラスつくば吾妻教室は未就学児(2~6歳)を対象とし言語トレーニングを中心とした療育を行っています。発語の遅れや言葉、コミュニケーション能力が気になるという方は一度見学に来てください◎ こどもプラスつくば吾妻教室 夏目 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  みなさん、こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室です♪ 桜も散り暖かさよりもジメジメとした暑さを感じる季節が近づいてきましたね^^;そんな中でも子どもたちは変わらず元気いっぱいです☆ 折り紙でこいのぼり製作🎏 5月5日は端午の節句(こどもの日)となります。 こどもプラスつくば吾妻教室でもこどもの日の製作を行いました(*^^*) 先生の助けをもらいながら頑張る子どもたち... 「できたー‼」 と完成した時とても嬉しそうにしていました🌟 教室のお友達には折り紙がまだ難しい子もいますがそういう時は先生が折ったこいのぼりにお絵かきをしたりと 同じ年の子でも一人ひとりの発達に合わせた製作が行え無理なく子どもたちも楽しめます!(^^)!  

折り紙は楽しいだけじゃない!?

折り紙には知育的効果があると言われていますのでその中からいくつかご紹介させて頂きます😄 ① 指先のトレーニングになる ② 忍耐力、集中力が磨かれる ③ 達成感を得られて自己肯定につながる ④ 思考力、想像力が豊かになる ⑤ 空間認知能力が鍛えられる などなど、、、折り紙には子どもたちの発達に対してよいことがたくさんありまた大人の脳トレにもなります🎵 折ることがまだ難しいな、、、というお子様は紙を丸めたりちぎったりするだけでもOKです◎おうちの人も一緒に楽しんでみてください😊   こどもプラスつくば吾妻教室は未就学児(2~6歳)対象とし運動、言語トレーニングを中心とした療育を行っておりますが折り紙の他洗濯バサミを使ったり発達の様子を見てお箸の練習をしたりと握力、指先のトレーニングも取り入れています(^^)   発語の遅れや言葉、コミュニケーション能力が気になるという方は是非一度こどもプラスつくば吾妻教室に見学に来てください◎ こどもプラスつくば吾妻教室 夏目 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  
LINEで簡単お問い合わせ

放課後等デイサービス事業のLINEはこちら

電話・メールでお問い合わせ
放課後等デイサービス
029-897-3364
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日
学びの教室・脳ヨガ
029-846-7138
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日

教室一覧

こどもプラスつくば吾妻教室(児童発達支援事業)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原101号
チャイルドブレインつくば吾妻教室(放課後等デイサービス)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原105号
総合療育センターつくば東教室(放課後デイサービス)
〒305-0046 茨城県 つくば市東2丁目26−3 エムズ スクウェア
総合療育センターつくば二の宮教室(児童発達支援・放課後デイサービス)
〒305-0051 茨城県 つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F
夢を叶える就労トレーニングつくば花室(中高生向け放課後デイサービス)
〒3050025 茨城県 つくば市花室848-1 花室Sテナント1階
学びの教室 つくば教室
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3丁目7-14 エスワンビル2-B号室
脳ヨガつくば教室 ※開講準備中
〒305-0051 茨城県つくば市二の宮4丁目1-26 大洋テナント2F