カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

注意欠如・多動症(ADHD)とは

みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です。

前回は 自閉スペクトラム症とは~特徴やサイン~  についてのお話をさせて頂きました。今回は注意欠如・多動症(ADHD)についてお話させていただきます。

 

注意欠如・多動症(ADHD)とは

主な特性は「不注意」「多動症」および「衝動性」がみられることです。

不注意

・忘れ物が多い

・約束を忘れてしまう

・すぐにほかのこと(もの)に興味を持つ

多動性

・熱中しているとき以外は、落ち着きがない

・授業中でもふらふらと立ち歩いてしまう

・ずっとしゃべっている

衝動性

・突然物を投げたり人をたたいたりする

・道路に飛び出す

・順番が待てない

などそれぞれの特徴があります。

 

注意欠如・多動症の特徴やサイン

について幼児期と学齢期に分けて紹介していきます。

 

幼児期

好奇心が旺盛、周りの子どもに比べて活発で落ち着きがないことがあり、気付きやすい特徴としては常に動いていたり、手を離すとすぐにどこかに行ってしまうことがあります。

集団生活や周りとのかかわりでは友達とのトラブルが目立つようになります。

 

学齢期

授業中に静かに座っていられない、最後まで集中して活動に取り組めないことがあります。また提出物を忘れてしまうことも多く、様々な面で周りの大人に注意される傾向があります。

 

注意欠如・多動症への対応ポイント

  • 主な特性である「不注意」「多動症」「衝動性」は周りに理解が得られることで、成長とともに落ち着いていくといわれています。
  • 自閉スペクトラム症の特性と誤解されたり、その他の精神疾患を併存していたりする可能性もあります。子どもの特性についてきちんと理解するために、専門家の診断を受けることが効果的な場合もあります。
  • 適切なサポートがなく、怒られてばかりいると、二次障がいに発展する可能性が高くなります。

いかがでしたか?今回は注意欠如・多動症について少し詳しくお話させていただきました。次回は学習障害についてお伝えしたいと思います。

 

話は少し変わりますが

こどもプラスつくば吾妻教室は現在夏休み期間に入り朝から利用するお子さんが増えた時期になりました。先日午後の自由時間にスライムづくりを行いました😄

混ぜるのを楽しんだり...

ペタペタ触って感触を楽しみました(≧▽≦)

 

教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス”
住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101
📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp

 

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室 未分類

自閉スペクトラム症とは~特徴やサイン~

みなさん、こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室のなつめです🌻

前回  発達障がいとは~必要な理解と支援~ についてお伝えさせて頂きました。

今回は自閉スペクトラム症(ASD)について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

自閉スペクトラム症(ASD)とは

2013年、診断名称が「広汎性発達障害」から「自閉スペクトラム症」「自閉症スペクトラム障害」に変更されました。

これによって「アスペルガー障害」や「自閉症障害」が廃止されたことになります。

 

自閉スペクトラム症の主な特徴

主な特徴としては

☆相互的な社会的コミュニケーションや対人関係の障がい(社会性の障がい)

・視線を合わせることができない

・会話の理解が乏しい

・顔の表情がない、乏しい など

 

☆限定された反復的な行動や興味活動など(こだわり)

・変化への抵抗や習慣へのこだわり

・一定の決まった動きを繰り返す、ものを一定に並べる

・耳から入ってきた言葉をそのまま繰り返す など

 

感覚敏感/鈍麻を伴うこと

・特定の音に敏感で、耳をふさぐ

・話しかけられても気づかない

・痛みに敏感・鈍感(例 骨が折れていても気づかない)

・においや食感に敏感で、食べ物の好き嫌いが激しい など

があります。

 

自閉スペクトラム症の特徴やサイン

次に特徴やサインについて幼児期、学齢期に分けてお伝えします。

 

幼児期

幼児期の特徴としては、視線が合わせようとしないことなどがあります。

  • 親が気付きやすい違和感がある
  • ほかの子供へ関心を示さない

 

学齢期

予期しない変化に弱いため、運動会や遠足などの学校行事で、問題行動やパニックを起こすことがあります。

  • 感覚に過敏がある
  • 嗅覚や味覚に過敏がある
  • 曖昧な指示の理解が難しい
  • 表現力が乏しい
  • 身に見えないものの理解が難しい

子どもの特性に合わせたタイミングで背中を押せると、成長をひきだすことにもつながります。

 

今回は簡単に自閉スペクトラム症についてお話させていただきました

 

次回は注意欠如・多動性(ADHD)についてお話させていただきます☆

こどもプラスつくば吾妻教室では2~6歳児を対象に運動療育+言語トレーニングを行っております。見学、相談、お問い合わせお待ちしております。

 

教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス”
住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101
📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

発達障がいとは~必要な理解と支援~

こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室のなつめです🌻

こどもプラスつくば吾妻教室では発達障がい、発達の遅れがみられる子に対しての療育を行っておりますがそもそも「発達障がい」とは何なのか改めてお伝えしていきたいと思います。

 

発達障がいの理解と支援

発達障がいは、生まれつき脳機能の発達が通常と異なっていたり、偏りがあったりする状態があることが原因とされています。

発達障がいがあると周りの環境に左右されたり、対人関係がスムーズにいかず想定外に誤解やトラブルを招くことがあります。

見た目では分かりにくいため周りからは「わがまま」や「自分勝手」と受け取られてしまいます。そのため「親のしつけ」や「甘やかされていること」が原因だと捉えられる事も少なくありません。

子どもの特性をよく理解して、それぞれに合った特性に合った支援や対処、環境設定をすることで子供の生きづらさが軽減され、心の安定につながります。

 

発達障がいの分類

発達障がいの主な分類

  • 自閉スペクトラム症(ASD)自閉症スペクトラム障害
  • 注意欠陥・多動症(ADHD)
  • 学習障害(LD)

ASD、ADHAには知的障害が表れることもあります。ほかに、言語発達遅延滞や発達性強調連動障害、てんかん、チック、吃音などを併存している場合もあります。

 

障がいの重複グレーゾーン

障がいは重複することがあり、複数の障がい特性をあわせ持っている子供もいます。障がいの診断は、社会適応に対して重要な問題になりやすい領域の障がいを最優先とします。

つまり、単一の診断名が「子どもの持つ発達障がいのすべてではない」ということです。

グレーゾーンとは 発達障がいの特性がいくつか見られるものの診断基準をすべて満たしているわけではなく、確定診断ができない状態をいいます。

まとめ

発達障がいやグレーゾーンも子どもたちは「本人の努力が足りない」「親のしつけがなっていない」などとネガティブなイメージを持ってしまう人も多いと思います。しかし決して本人のせいでも親御さんのせいでもありません。一人ひとりの個性として見れることでその子なりの成長ができます。

また現在こどもプラスつくば吾妻教室では年長児の利用が多くなっておりますが療育に通い始めるのに「まだ早い」はないと思います。少しでもお子さまの特性に気になることがありましたら療育をご検討下さい😊見学、体験受け付けております。

こどもプラスは小学生以上のお子さんを対象とした教室もありますので長期的な療育が可能となります。

こどもプラスその他の教室についてはこちらをクリック☆

教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス”
住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101
📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp