カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

発達障害のこども達について・・・

皆さん、こんにちは(^_-)-☆4月は入園式や進級などがあって慣れない環境からもうすぐ1か月が経とうとしていますが皆さん、だんだん疲れが出てきていると思います。天候も夏日のような日もあれば、雨が多く寒い日があったりと気温の変化で身体が追い付いて行かず体調を崩している人もいます。

休みの日はゆっくりと休養して美味しい物を食べて乗り切りましょう(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

こどもは言葉を持って生まれては来ません。親などに毎日かけてもらう言葉を聞いて覚えていきます。

発達障害のこどもで苦労されているのは?

 

☆言葉で言えないために家族や友達に手が出る

☆ダメな理由を説明しても理解できない、聞いてもくれない

☆言葉や遊びが幼く、活動に参加できない

☆お友達と意思疎通ができず一人で遊んでいる

 

こどもプラスのこどもたちは2~6歳で言語トレーニングは毎日15分~30分くらい行っています。お口の体操・カードを使う・指先のトレーニング・SSTを曜日によってカリキュラムを変えて行っています。

通い始めた頃は片言や1語文しか話せないこどもたちも今ではきちんと理解出来て話せるようになったり、おもちゃで遊んでいて物の取り合いで手や噛みつきが見られたりしたこどもも「貸して!」などが言えるようになってきました。毎日の言語トレーニングがいかに大切なことが分かります。

 

言葉だけでなく鉛筆の持ち方、箸の使い方、ハサミの使い方も行っています。

鉛筆もきちんとした持ち方が出来ないこどもは矯正グリップを鉛筆につけて書く練習をしたり、お箸が使えないこどもはお豆を使って箸の練習をしてお豆が取れるようになったり、ハサミを使ってハサミの使い方を覚えたりして緻密性を養ったりしています。

色々なことを行ってこどもたちが1つでも出来るようになって苦労することが少しでもなくなるようにこれからも試行錯誤しながらやっていきたいと思います(^.^)/~~~

🐭こどもプラス🐭 宮田幸世

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

運動療育が何故良いのか?

みなさん、こんにちは!最近は気温差が激しくて体調を崩していませんか?私は杉花粉は以前はひどかったんですが岩盤浴に通ってからは杉花粉が良くなって今はヒノキの花粉がひどくて目がかゆくなります(>_<)車にも花粉がついて嫌ですよね~( ゚Д゚)皆さんもお気をつけてお越しくださいませ(^_-)-☆

 

発達障害のこどもたちには何故運動療育が良いのか?

①体の使い方が上手になる

運動療育では脳からの指令で体の筋肉をうまく動かせるようになるプログラムが取り入れられています。見本の動きを真似をする、音楽を聞きながら動くなど目と手足、耳と手足などを一緒に動かす体操は感覚統合に効果的です。脳に刺激を与えることで、さまざまな感覚が正しく機能するようになります。体操などは発達障害児でも取り組みやすく続けていくと体の使い方が上手になることが実感できるでしょう。

②健全な体の発達を促す

運動療育は機能的な発達を促すものですが、効果はそれだけではありません。実際に体を動かすことで筋肉など身体的な発達も促されるのです。発達障害児の中には筋力が弱く、姿勢保持が苦手な子もいますが運動療育によって適切な筋肉がつくことで、猫背や姿勢の悪さが改善されたという例もあります。その他、体が丈夫になって風邪をひきにくくなったり、バランス感覚が身につき柔軟性も向上することでケガをしにくくなったりという効果もあるのです。

③ストレス発散や自己肯定感の向上にも効果的

体全体を使って行う運動療育はストレス発散にも効果的です。ADHDなどの障害特性でじっとしているのが苦手な子は、机に座って行う療育などが精神的負担になることもあります。対して運動療育なら体を思い切り使うことができるので楽しく取り組めるおこさんも多いでしょう。他のことに取り組むことで協調性が芽生えたり社会性が向上することもあります。こども自身が「出来た」という喜びや達成感を感じることもでき自己肯定感を高めることにもつながるのも運動療育の利点です。さらに運動して体が適度に疲れることで夜眠りやすくなるなど生活リズムを改善する副次的な効果も期待できるでしょう。

運動療育はこどもたちが楽しく出来るように今後も考えながらやっていきたいと思います。

🐰こどもプラス🐰 宮田 幸世

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

療育とは?

みなさん、こんにちは。まだ寒い日が続いていますがだいぶ日中は暖かくなりましたね🌸さくらが咲いたな?と思っていたらで雨が多くてあっという間に桜吹雪になってしまいました(;´・ω・)花見も結局出来ずに終わってしまいました・・・。みなさんは花見は行きましたか?

 

私は今年で就職してから4年目に突入しました。月日が経つのは早いですね(^^♪

療育を改めて振り返って今後も子どもたちと楽しく過ごしていければいいなと思います(^_-)-☆

 

~療育とはどんなものか~

療育とは、心身に障害を持つこどもに対して、社会的に自立した生活を送れるように支援を行うことです。もともとは身体障害を持つ子供への支援でしたが、現在では知的障害や発達障害を持つ子供も対象とされています。

療育には、日常生活をスムーズに行う為の支援や遊びを通したコミュニケーション能力の向上、運動機能の向上、認知能力の向上などさまざまな内容が含まれます。また、こども本人だけでなく家族支援や地域支援など幅広い支援を含む場合もあります。

こどもはひとりひとり発達スピードが異なるため個々の特性に応じた支援をすることが大切だと考えられています。

~療育が必要なこどもの接し方~

★褒める

★子供の気持ちに寄り添って話を聞く

★共感する

★脅したり威圧的に接したりしない

★ポジティブな言葉かけをし意欲を持たせる

 

おもちゃをたくさん出してお片付けをしないことに対して、どうやったらこの子がお片付けをするか?、お勉強をしない子にどうやったらやる気がでるか?運動が苦手な子にどうやったら楽しいと思ってもらうかなど、色々なことにお困りでしたら是非ご相談ください。

☻こどもプラス☻ 宮田幸世

 

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

発達障害のこどもの特徴について

皆さん、こんにちは(/・ω・)/

まだコロナが続いていますがまだ終息はいつになるやら・・・((+_+))

4月になりますが寒暖差があって桜もつぼみが出てきましたがまだ寒い日がありますね・・。

発達障害とは?

生まれつき脳機能の発達の偏りによる障害です。得意・不得意の特性とその人が過ごす環境や周囲の人との関わりのミスマッチから社会生活に困難が発生します。発達障害は外見からは分かりにくくその症状や困りごとは十人十色です。

~発達障害の種類について~

広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、学習障害、トゥレット症候群、吃音があります。広汎性発達障害は自閉症、アスペルガー症候群です。友達と話している時に自分の話ばかりしてしまったり相手の気持ちが分からない自分勝手で分からない子と言われてしまいます・・・(>_<)

注意欠陥多動性障害は「集中できない」「じっとしていられない」「考えるよりも先に動く」です。大事な仕事の予定を忘れたり、大切な書類を置き忘れたりしてしまう。でも気配りがすごく困っている人がいれば誰よりも早く気づいて手助けをすることが出来ます。

学習障害は聞く、話す、読む、書く、計算する、など特定の能力を学んだり行ったりすることに著しい困難を示します。

トゥレット症候群とは多種類の運動チックが1年以上にわたり続くチック障害で運動や発声を本人はそういうつもりはないのに言ってしまうのが特徴です。

~発達障害のこどもに対する対応とは?~

発達障害のこどもは社会性やコミュニケーションが苦手な為、幼稚園や小学校の集団に入ると様々な困難に直面することになります。

障害が理解され適切なサポートがされないと行くことがストレスとなり不登校や引きこもりになってしまうこともあります。

できたことをほめる、できないことを叱らない視覚的な情報を提示して説明する、安心できる環境を整える善意やルールをはっきりと教える、温かく見守るです。

この文書に書いてあることを踏まえてこれからも可愛いこどもたちと一緒に自分も学んで頑張っていきたいと思います(^_-)-☆

✿こどもプラスつくば教室✿   宮田幸世

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

こどもの療育について

皆さん、こんにちは。こどもプラスの宮田です。

4月になりますが、今年はまだまだ雪が降ったり、寒い日が続いていますね(>_<)桜もまだまだ咲くまでには時間がかかりそうですね・・・((+_+))入学式には咲くと良いですね( *´艸`)

~療育とは?~

2歳児は走ったり跳んだり動きがますます活発になり、外で遊ぶのが好きになってきます。「イヤ」が多くなり、自己主張が強くなる時期です(>_<)

3歳児は大人を観察し、上手に真似することが出来るようになります。ご飯も上手に食べれるようになり手が少しかからなくなります。

4歳児は感情が豊かになり友達を思いやる心や逆にけんかも多くなります。自我も芽生え少し恥ずかしがったりします。

5~6歳は文字に興味が出てきて簡単なひらがななどが書けるようになってくる時期です。

自分の名前を書けるように教えてあげましょう。

 

~こどもプラスのこども達の療育~

上記のような年齢のこどもを預かっています。普通のこどもの年齢で考えると遅れているような感じですがそれぞれこどもによって違います。

こどもプラスでは言語トレーニングを強化しながら毎月違った物を取り入れて行っています。

あいうべ体操、パタカラ体操は毎日行っていて口の体操だけではなく手も動かしながら行っています。あ~んまでのなぞり書き、模写、ひらがなカード、ひらがなかるた、吹くトレーニング、握力をつけるトレーニング、SSТ、ピッタリカード、パズルなどを1週間でこどもたちの曜日によってカリキュラムを決めています。同じものを長い時間行っていると飽きてしまい、集中力が切れてしまい、離席が目立つようになるので15分間くらいを目安に行っています。

今までやってきましたが、成長している部分が見られて効果を発揮することが出来ているこどもも見られるので今までやってきたことは間違ってなかったのかな?と思います。

まだまだ勉強不足ですが今後も職員と一緒に試行錯誤しながら子供たちの成長に係れるようにしていきたいと思います。

【こどもプラスつくば教室】

〒305-0031茨城県つくば市吾妻3-7-15 パレス柴原101号室TEL 029-855-7190

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

こどもの成長の様子

こんにちは。こどもプラス教室の宮田です(^_-)-☆

春もやってきて桜が咲く頃ですが暖かくなると花粉症がひどく大変な季節でもあります((+_+))。最近は花粉症は現代病で小さいこどもでもなるのでとても厄介ですね。現代病も辛いですね…(>_<)

~こどもの様子~

毎日、来てもずっと玄関先から動かず、泣いていたので気分転換の為にベビーカーに乗せて公園に行きました。足が尖足だった為いつも足が下についてしまって危険なので靴を家族に持ってきてもらうように頼みました。

公園に行くと次第に泣くのが収まりベビーカーで寝てしまいました。教室ではベビーカーから降ろすと泣いてしまうので教室内にブルーシートを敷いて起こさないようにしていました(-_-)zzz

当時2歳で、お弁当も水分も取らずに帰ることが多くみられましたが、次第に教室に慣れてきてお弁当も少しづつ食べるようになり、ハイハイしながら玄関先から離れるようになり、おもちゃで遊ぶようにもなりました(^_-)-☆

家でもリハビリに通ったりしているので少しづつ歩けるようになってきました(≧▽≦)

~今現在の様子~

今現在は6歳になりました。発語は難しいですがスプーンを使って食べられるようになりました(^^♪トイレに行ってズボンやオムツの脱ぎ履きも時間がかかりますが自分で出来るようになりました。公園まで歩いて、芝生の上を指導員が走ると追いかけて走れるようになりました( *´艸`)

最近はお友達がいけないことをしていると手を引っ張ったり、身体で止めたりと視野が広がってきました。

自分が苦手なこどもが来るとしばらく切り替え出来ず長い時は1時間30分くらい泣いていたこともあります(´;ω;`)

4月からは小学生!!

色々は慣れるまで大変だと思いますが、また成長して頑張ってもらいたいなと思います(/・ω・)/

 

教室内児童の楽しそうな様子!仲良くみんなで手をつないでいたので思わず撮ってしましました(*^^)v

 

【こどもプラスつくば教室】

〒305-0031茨城県つくば市吾妻3-7-15 パレス柴原101号室TEL 029-855-7190

 

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

こどもプラスの子どもの成長★

こんにちは。こどもプラス教室の宮田です。暖かくなってきてこれから卒業式、入学式と出会いと別れがありますね(*^^)v

私も働き始めた時は、1週間でこの仕事は続けていくのは難しいかも知れないと思いながらも早3年が経とうとしています。私もたくさんのこどもたちを見てきてきましたが情が沸いてしまい今は続けていこうと思っていますm(__)m

~子どもの行動について~

初めはお迎えに行くと大泣きをしていて、チャイルドシートに乗せようとすると反り返ってなかなか慣れない子もいました。名前を呼んでも返事が出来ない、目も合わせられない、常に食べ物に執着があって時間に関係なくお弁当を出したり、おやつを食べたくなるなどの行動が見られました。

現在は、最近は自分の名前を呼ばれているのは分かっているようで、目も合わせることができています!とても成長を感じる今日この頃(^^)/
だいぶ指導員のお話も理解出来るようになりました(*^^*)

 

~今後について~

保育園が終わった後に通う児童もいれば、朝から教室を利用する児童もおります(*’▽’)

こどもプラス吾妻教室では療育の時間もご相談させていただいておりますので、お気軽の相談ください(^^♪

 

★こどもプラスつくば教室 宮田★

 

【こどもプラスつくば教室】

〒305-0031

茨城県つくば市吾妻3-7-15 パレス柴原101号室TEL 029-855-7190

 

カテゴリー
こどもプラスつくば吾妻教室

療育について~言語トレーニングを続けて行うには?~

 

こんにちは。こどもプラス教室の宮田です。

だいぶ寒い日も落ち着いてきて暖かくなってきました。もうすぐそこまで春がきています(^^♪

~最近の教室の様子~

3月も始まったばかりですが、あと1か月で入園・入学シーズンがやってきます!!4月からは子どもの入れ替わりもありがらっと変わりそうです

~療育についての話し合い~

私が言語トレーニングを教え続けて早3年が経ちました。発達障害を持つ子に、「どうやって教えればいいのか?」また「飽きないで続けていくにはどうしたらいいか」などを色々考えました。

まずいきなり話をするのは難しいので、音楽に合わせながら出来るのことはないかと探していました。以前働いていた老人ホームで行っていた食事前のお口の体操があることを思い出しました。その中に「あいうべ体操」「パタカラ体操」というの口の体操があったのでやってみようと思いました。あいうべ体操は、舌の筋肉(舌筋)を始め口元の筋肉が鍛えられる体操です。パタカラ体操は食べ物を押しつぶしたり丸めたりしやすくなる、食べ物が気道に入るのを防ぐ効果があるそうです。

始めはなんだかわからなくて口を開けて見ていましたが、最近は「先生!あいうべ体操でしょ?」と先に言われるようになりました。回数を重ねているのでインプットされて覚えたんですね(*’▽’)

~最近のこどもの様子~

最近は、みんな大きな声であいうべ体操、パタカラ体操が上手に出来るようになりました。

パタカラ体操は、お口の体操をやりながら手の形をグーパーと動かして楽しんでいました。

 

こどもプラスつくば教室 宮田