twitter twitter twitter
Line

LINE登録

Line

資料請求
お問い合わせ

Line

当グループに
ついて

注意欠如・多動症(ADHD)とは
みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です。 前回は 自閉スペクトラム症とは~特徴やサイン~  についてのお話をさせて頂きました。今回は注意欠如・多動症(ADHD)についてお話させていただきます。  

注意欠如・多動症(ADHD)とは

主な特性は「不注意」「多動症」および「衝動性」がみられることです。 不注意 ・忘れ物が多い ・約束を忘れてしまう ・すぐにほかのこと(もの)に興味を持つ 多動性 ・熱中しているとき以外は、落ち着きがない ・授業中でもふらふらと立ち歩いてしまう ・ずっとしゃべっている 衝動性 ・突然物を投げたり人をたたいたりする ・道路に飛び出す ・順番が待てない などそれぞれの特徴があります。  

注意欠如・多動症の特徴やサイン

について幼児期と学齢期に分けて紹介していきます。   幼児期 好奇心が旺盛、周りの子どもに比べて活発で落ち着きがないことがあり、気付きやすい特徴としては常に動いていたり、手を離すとすぐにどこかに行ってしまうことがあります。 集団生活や周りとのかかわりでは友達とのトラブルが目立つようになります。   学齢期 授業中に静かに座っていられない、最後まで集中して活動に取り組めないことがあります。また提出物を忘れてしまうことも多く、様々な面で周りの大人に注意される傾向があります。  

注意欠如・多動症への対応ポイント

  • 主な特性である「不注意」「多動症」「衝動性」は周りに理解が得られることで、成長とともに落ち着いていくといわれています。
  • 自閉スペクトラム症の特性と誤解されたり、その他の精神疾患を併存していたりする可能性もあります。子どもの特性についてきちんと理解するために、専門家の診断を受けることが効果的な場合もあります。
  • 適切なサポートがなく、怒られてばかりいると、二次障がいに発展する可能性が高くなります。
いかがでしたか?今回は注意欠如・多動症について少し詳しくお話させていただきました。次回は学習障害についてお伝えしたいと思います。  
話は少し変わりますが
こどもプラスつくば吾妻教室は現在夏休み期間に入り朝から利用するお子さんが増えた時期になりました。先日午後の自由時間にスライムづくりを行いました😄 混ぜるのを楽しんだり... ペタペタ触って感触を楽しみました(≧▽≦)   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室のなつめです🌻 こどもプラスつくば吾妻教室では発達障がい、発達の遅れがみられる子に対しての療育を行っておりますがそもそも「発達障がい」とは何なのか改めてお伝えしていきたいと思います。  

発達障がいの理解と支援

発達障がいは、生まれつき脳機能の発達が通常と異なっていたり、偏りがあったりする状態があることが原因とされています。 発達障がいがあると周りの環境に左右されたり、対人関係がスムーズにいかず想定外に誤解やトラブルを招くことがあります。 見た目では分かりにくいため周りからは「わがまま」や「自分勝手」と受け取られてしまいます。そのため「親のしつけ」や「甘やかされていること」が原因だと捉えられる事も少なくありません。 子どもの特性をよく理解して、それぞれに合った特性に合った支援や対処、環境設定をすることで子供の生きづらさが軽減され、心の安定につながります。  

発達障がいの分類

発達障がいの主な分類
  • 自閉スペクトラム症(ASD)自閉症スペクトラム障害
  • 注意欠陥・多動症(ADHD)
  • 学習障害(LD)
ASD、ADHAには知的障害が表れることもあります。ほかに、言語発達遅延滞や発達性強調連動障害、てんかん、チック、吃音などを併存している場合もあります。  

障がいの重複グレーゾーン

障がいは重複することがあり、複数の障がい特性をあわせ持っている子供もいます。障がいの診断は、社会適応に対して重要な問題になりやすい領域の障がいを最優先とします。 つまり、単一の診断名が「子どもの持つ発達障がいのすべてではない」ということです。 グレーゾーンとは 発達障がいの特性がいくつか見られるものの診断基準をすべて満たしているわけではなく、確定診断ができない状態をいいます。

まとめ

発達障がいやグレーゾーンも子どもたちは「本人の努力が足りない」「親のしつけがなっていない」などとネガティブなイメージを持ってしまう人も多いと思います。しかし決して本人のせいでも親御さんのせいでもありません。一人ひとりの個性として見れることでその子なりの成長ができます。 また現在こどもプラスつくば吾妻教室では年長児の利用が多くなっておりますが療育に通い始めるのに「まだ早い」はないと思います。少しでもお子さまの特性に気になることがありましたら療育をご検討下さい😊見学、体験受け付けております。 こどもプラスは小学生以上のお子さんを対象とした教室もありますので長期的な療育が可能となります。 こどもプラスその他の教室についてはこちらをクリック☆ 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jpみなさん、こんにちは。まだ寒い日が続いていますがだいぶ日中は暖かくなりましたね🌸さくらが咲いたな?と思っていたらで雨が多くてあっという間に桜吹雪になってしまいました(;´・ω・)花見も結局出来ずに終わってしまいました・・・。みなさんは花見は行きましたか?   私は今年で就職してから4年目に突入しました。月日が経つのは早いですね(^^♪ 療育を改めて振り返って今後も子どもたちと楽しく過ごしていければいいなと思います(^_-)-☆  

~療育とはどんなものか~

療育とは、心身に障害を持つこどもに対して、社会的に自立した生活を送れるように支援を行うことです。もともとは身体障害を持つ子供への支援でしたが、現在では知的障害や発達障害を持つ子供も対象とされています。 療育には、日常生活をスムーズに行う為の支援や遊びを通したコミュニケーション能力の向上、運動機能の向上、認知能力の向上などさまざまな内容が含まれます。また、こども本人だけでなく家族支援や地域支援など幅広い支援を含む場合もあります。 こどもはひとりひとり発達スピードが異なるため個々の特性に応じた支援をすることが大切だと考えられています。

~療育が必要なこどもの接し方~

★褒める ★子供の気持ちに寄り添って話を聞く ★共感する ★脅したり威圧的に接したりしない ★ポジティブな言葉かけをし意欲を持たせる   おもちゃをたくさん出してお片付けをしないことに対して、どうやったらこの子がお片付けをするか?、お勉強をしない子にどうやったらやる気がでるか?運動が苦手な子にどうやったら楽しいと思ってもらうかなど、色々なことにお困りでしたら是非ご相談ください。 ☻こどもプラス☻ 宮田幸世  こんにちは。(*^^*) 総合療育センターつくば東教室です。   桃の節句を過ぎ、ようやく春めいてきました。!(^^)!

~児童とのコミュニケーション~

私たちの事業所では、児童とのコミュニケーションを重視しています。幼児期は最も将来の成長に繋がる大切な時期で、この時期の経験が青年期、大人へとなった時の人間性や価値観を大きく変えていきます。 そこで私たちは、児童の発言、質問にただ答えるのではなく、自分で一度考えさせる、また児童の言葉の使い方に間違いがあれば、ただ指摘するのでなく本人に考えさせ、それでもわからなければ答える。こういった、児童に自ら考える経験をさせる経験を日常で与えています。それが、将来困難や知らないことに直面した際に、自ら考え、解決することのできる人間になる手助けになってくれると信じています。

   ~具体的に~

それでは、具体的に事業所内であった児童の成長について書こうと思います。 とある日に事業所内にて、児童と将来の夢の話をする機会がありました。最初にその児童の話した将来の夢は、「パトカーになりたい」というものでした。最初は子供だしこういうものかとも思い「頑張って」と答えましたが、話をしていくと今度は「パトカーに乗ってみたい」というものに変わりました。そこで私は、もしかして自分の思考をうまく言葉にできていないのではないかと考えました。それならばと「どういう立場で乗りたいか」といった質問をしていくと、「警察官になりたい」という具体的な内容になりました。さらに、パトカーに乗りたいからではない警察官になりたいその理由を聞いていけば、「困っている人を助けたいから」という理由を答えてくれました。 初めは「パトカーになりたい」というふわふわとした夢が、コミュニケーションによって「困っている人々を助けるために、警察官になりたい」という具体的かつ明確な夢になったのです。それも、私からは言葉を教えていないため、自分の頭にある言葉を自分の考えと結び付け、正確に言葉に出来たということです。これは、他者とのコミュニケーションでなければ起きなかった、大きな成長だと考えています。  ↓コミュニケーションの様子↓

   ~最後に~

上記の内容以外にも、小さいことも合わせれば、それこそ毎日児童たちはコミュニケーションによって成長しています。私たちはこれからも、子供の成長を第一にコミュニケーションを行っていきたいと思います。これからも何卒、宜しくお願い致します。みなさんこんにちは‼夢を叶える就労トレーニングつくば花室Jr教室です😊 夢を叶える就労トレーニングつくば花室Jr教室では保育所等訪問を行っています✨今回は、保育所等訪問の様子をお話ししていきたいと思います(≧▽≦)

★より良い療育をめざして★

実際に訪問先に支援員がお子様の様子を見に行かせていただき、訪問先での姿を保護者様はもちろん 実際に各教室の職員で共有し今後の療育について話をしております。

★実際に行った事例★

教室では、切り替えがとてもスムーズなお子様 しかし自宅や訪問先では、なかなか切り替えが難しいとのことでした。 教室では、見通しがたてられるように時間割とキッチンタイマーを用意して自分で切り替えを意識できるような支援でうまく切り替えて次の活動を行うことができていました。その姿を保護者の方にも伝えていき、同じ関わりをして頂きました。

★その後の様子★

実際にご自宅でも行っていただき、「切り替えが早くなってきました」「本人も困り感が少なくなってきている」などとお声をいただきました。 支援を統一していくことで、お子様が自分でも切り替えができるようになり穏やかに過ごせることが多くなってきました。このようにお子様の様子を見るだけではなく、どのような支援をしていくとよいのかを考えていくことを心がけております。 質問や興味をもってくださった方はお問い合わせください😊
LINEで簡単お問い合わせ

放課後等デイサービス事業のLINEはこちら

電話・メールでお問い合わせ
放課後等デイサービス
029-897-3364
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日
学びの教室・脳ヨガ
029-846-7138
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日

教室一覧

こどもプラスつくば吾妻教室(児童発達支援事業)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原101号
チャイルドブレインつくば吾妻教室(放課後等デイサービス)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原105号
総合療育センターつくば東教室(放課後デイサービス)
〒305-0046 茨城県 つくば市東2丁目26−3 エムズ スクウェア
総合療育センターつくば二の宮教室(児童発達支援・放課後デイサービス)
〒305-0051 茨城県 つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F
夢を叶える就労トレーニングつくば花室(中高生向け放課後デイサービス)
〒3050025 茨城県 つくば市花室848-1 花室Sテナント1階
学びの教室 つくば教室
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3丁目7-14 エスワンビル2-B号室
脳ヨガつくば教室 ※開講準備中
〒305-0051 茨城県つくば市二の宮4丁目1-26 大洋テナント2F