twitter twitter twitter
Line

LINE登録

Line

資料請求
お問い合わせ

Line

当グループに
ついて

新しいことにチャレンジしよう!!

みなさんこんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室の鈴木です(^^)

9月に入って気温が下がり過ごしやすい日が続いていますね! 長い夏休みも終わり、幼稚園や保育園から帰ってくる子どもたちは少し疲れているかな?と思っていましたが、そんなことはなく、みんな元気に過ごしています😄 今回は、9月に入ってからの活動の様子を紹介していきたいと思います!

運動遊び💪

今月の運動遊びは、跳び箱を連続で跳ぶことや鉄棒で逆上がりなど子どもたちには難易度高めのものがありますが、みんな頑張って挑戦しています! 先日、ウシガエルから連続忍者跳びという流れでサーキットを行ってみたところ、始めは跳び箱にお尻がついてしまっていた子が数回繰り返してやってみると、一人で跳べるようになりました! 本人はもちろん、私たち職員もとても嬉しい気持ちになりました😊こういった成功例をたくさん経験させて子どもたちの自信に繋げていきたいと改めて感じた瞬間でもありました。

指先の力を鍛えよう!

当教室では、お口の体操やひらがなの読み書きなどといった言語トレーニングに加え、ハサミで線に沿って切ったり、お箸で豆をつかんだりする手先の器用さを鍛えるトレーニングも行っています。そして今月から指先を使ってプチプチを潰すというトレーニングを始めました。 お菓子の袋を自分で開けることができない、文字を書く時の筆圧が弱いなどといったことが、こういったトレーニングを通してできるようになっていければ良いなと思います!みなさんこんにちは😊 夢を叶える就労トレーニングつくば花室Jr.教室の中嶋です。 今回は、子どもたちの「楽しい!」「もっと知りたい!」の声をたくさん聞くことができた、めだかの学校イベントを ご紹介します♪ 今回のイベントはなんと、利用者様の保護者の方が花室教室にて開催してくださいました! ご家族のみなさま、この度は大変貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。

子どもたちはカラフルな色をしためだかに大興奮✨ めだかの生態について学びました

めだかの種類やオスとメスの見分け方などを分かりやすく説明していただき、子どもたちも興味津々!! メダカの生態について学んだあとは、お楽しみのめだかすくいタイム♪みんなで水槽の中をのぞきながら全集中!! 順番と約束を守りながらめだかすくいを楽しみ、小さな体で生き生きと元気に泳ぐめだかを見て、命の尊さについても感じることができました。

なかなか体験することのない、めだかすくいを楽しんでくれている様子でした✨

今回のイベントは、めだかについて学べただけでなく、外部の方と関わる中で、説明を聞く姿勢や感謝の気持ちなど、社会性を身につけるきっかけにもつながりました。 毎日一緒に生活を送る保護者様や、教室で一緒に過ごすお友だちとはまた違う人とのかかわりの中で、新しい刺激を受けたり、新しい発見ができたりするかもしれませんね😊 教室では随時、説明や見学を受け付けております。 送迎も行ておりますので、お気軽にお問い合わせください♪こんにちは!夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室です(^▽^)/ 先日、メダカについて学ぶ「メダカの学校」が教室ご利用の保護者様が講師となり、開催されました。今回は、参加した後の子どもたちの様子をご紹介します!

≪メダカってそんなに種類があるの?≫

今回の教室では、メダカの雌雄の見分け方、生態、種類、歴史など様々な視点でお話をしていただきました。メダカの種類に関しては、現段階で500種ほどいるようで、子どもたちは驚きを隠せないようでした!最後には、メダカ釣りということでポイを使い、優しくメダカを釣りました。メダカは子どもたちが想像するより素早く泳ぎ、なかなか釣れない所も新鮮な体験となったようです。

≪感謝の気持ちを込めて~お礼状をつくろう~≫

体験後には、どんなことを学ぶことが出来たのか思い出しながら、お礼状の製作を行いました。丸く切った画用紙に、思い思いのコメントやイラストをかきました。初めて知った事、楽しかった事を自分の言葉で書くことが出来ました!それぞれのコメントが書き終わった後には、模造紙に貼り付け、飾りつけを行いました。紙のお花を貼ったり、魚の形に切った色画用紙を貼ったりと、とてもかわいらしいお礼状が完成しました!製作中には、「〇〇ちゃんのお家の人は喜んでくれるかな?」という声も聞こえてきました。 今回の体験は子どもたちにとって生き物と触れ合い、外部の人とのかかわり方を学ぶとても良い体験になったのではないかと思います。今後も様々な体験を出来るように、スタッフで協力していきたいと思います(⌒∇⌒) 夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室  東みなさんこんにちは😊 夢を叶える就労トレーニングつくば花室Jr.教室の中嶋です。 今回は、子どもたちの「楽しい!」「もっと知りたい!」の声をたくさん聞くことができた、めだかの学校イベントを ご紹介します♪ 今回のイベントはなんと、利用者様の保護者の方が花室教室にて開催してくださいました! ご家族のみなさま、この度は大変貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。

子どもたちはカラフルな色をしためだかに大興奮✨ めだかの生態について学びました

今回のイベントは、めだかについて学べただけでなく、外部の方と関わる中で、説明を聞く姿勢や感謝の気持ちなど、社会性を身につけるきっかけにもつながりました。 毎日一緒に生活を送る保護者様や、教室で一緒に過ごすお友だちとはまた違う人とのかかわりの中で、新しい刺激を受けたり、新しい発見ができたりするかもしれませんね😊 めだかすくいを楽しんだ後は、めだかの学校を開いてくれた方への感謝のメッセージカードを一人ひとり作成しました。 自分がすくっためだかの絵を描く子や、感謝の気持ちを一生懸命言葉にする子、表現の方法はそれぞれでも、各々感謝の気持ちがこもったメッセージカードが完成しました。  みなさんこんにちは☺ 総合療育センターつくば二の宮教室の小林です☆ 既にご存じの方も多いと思いますが、二の宮教室の2階で『ことばのトレーニング教室』を行っております♪ ”個別”という事もあり、徐々にご利用者様が増えてきました☆彡ご利用頂いている皆様、誠にありがとうございますm(__)m 今回は、人気となりつつある『ことばのトレーニング教室』はどのような事をやっているのかご紹介したいと思います!

~どんなことをやってるの?~

ご契約時にお聞取りをさせて頂き、その子にあったステップにてカリキュラムを行っております(^^) ①お口のトレーニング →口周りの筋肉を和らげます。 ②50音表 指差し/読み →どの文字の認識があるのか、また、どの言葉に誤りがあるのか確認していきます。 ③絵カード 指差し/読み →5枚ほどのカードを並べ、職員の指示したものを『指差し』又は『発語』を促し、誤りがあった場合や答える事が出来なかった時は、2~3回繰り返して反復で意識づけをしていきます。 ④手遊び ⑤指先のトレーニング →モチベーション維持の為に休憩も兼ねて行っております。 日によって、子どもの気分は変わりますので、出来る限り、子どもが取り組みたい内容を優先して、楽しみながら学べるよう活動しております(^^♪

☆活動の様子☆

↓↓↓手先のトレーニング中 ↓↓↓動作絵カード指差し中 みんな集中して取り組めていますね♡ 「ことば」の理解には”半年以上”かかると言われています。 トレーニングは焦らず、ゆっくり時間をかけて復習をしながら行います(*’▽’) ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい(^^)/ 総合療育センターつくば二の宮教室 小林  みなさん、こんにちは。夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室です♪ 今回は、夏休みから本格的に行っている昼食の調理について紹介させていただきます(^▽^)/

≪ぱぱっと自分で昼食を作ろう≫

昨年の夏休みより行っている、「昼食調理レク」ですが、今年は他の活動との兼ね合いにより、火・水・金曜日の週3日間行っています。(調理を行わない日には、材料を調達しにスーパーへ行きます。) 7月より、レシピづくりを行い、1か月以上分の献立を完成させて調理に臨んでいます。昨年は主に調理スキルの向上が見られましたが、今年はどうしたら効率よく調理できるのかを考えながら行っています!

≪この後のことも考えて~何を先にしておこう?~≫

調理器具を安全に使う、衛生面を気を付けて作業することはもちろんですが、料理は「効率」も大切だと思います。美味しくても調理に何時間もかかる…汚れたフライパンはそのまま…では、いざ料理をするときに困ってしまいます。 調理スキルは向上した子どもたちですが、「効率」を考えて料理することはなかなか難しいようです。今回の調理では、調理後の事も考えて料理することを意識できるように、声掛けを行いました。使ったらそのままにしてしまうことが多いので、「この後はお肉を切るんだけど、まな板と包丁は今のうちに何をすればいい?」「この部屋で食べるけど、今のうちに何をしておけばいい?」などと声をかけると、「野菜を水にさらしている間に洗う」「先にテーブルを消毒しておく」などと考えて答えてくれます。最初は答えられる子が少なかったのですが、回数をこなすことで少しずつ考えられるようになってきました。 夏休みも後半戦…調理を通して「先を見通す力」はどこまで身につくのか楽しみです(⌒∇⌒) https://kodomo-plus-ibaraki.jp/2022/07/15/tyourinokeikaku/ 夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室 東みなさんこんにちは! 夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室です(*^^*) だんだん季節も秋に近づいてきていますが、まだまだ暑い日もあります。みなさんもお身体にお気をつけてお過ごしください!! 夏休みになり、子どもたちも朝から教室を利用しています。 調理やお出かけなど普段とは違う活動も取り入れながら、子どもたちは夏休みを過ごしています(*^^*) 今回は夏休みに行われたイベントについてご紹介いたします!

🍉夏休みを満喫しよう!!スイカ割り🍉

RYDとRYD Jr.教室合同でスイカ割りを行いました。 スイカを割るのは学年順にすることに決まりました。割りたい子どももいたとは思いますが、みんな順番を守って取り組むことができました。 また、スイカを割る子どもは目隠しをして年齢+2回その場で回り、自分の歩く方向をお友だちや先生に教えてもらいながら割ることに挑戦しました。お友だちと活動に取り組むことで社会性や協調性を身に付けることにもつながります!(^^)! 目隠しをして回るとふらふらになる子もいれば、しっかりと歩いている子もいました。 お友だちから教えてもらいながらスイカに向かっていきます。「右!!」「もう少し前!!」など声を掛けてもらいながらスイカを割っていきます!!スイカを割るところはとても盛り上がりました(*^^*) 割れたスイカはみんなで分けて食べました。子どもたちからは「甘い!」「おいしい!」といった声が聞こえました。夏休みの思い出になっていれば嬉しいです✨

皆さん、こんにちは(*^▽^*)

放課後等デイサービス総合療育センターつくば二の宮教室の田中です。シャボン玉を飛ばすと、すぐに壊れてしまい残念な気持ちになってしまうことありませんか?今回は、いつも人気の科学実験イベントで「割れないシャボン玉」を作りました!!

~割れないシャボン玉の作り方を知ろう~

割れないシャボン玉のヒントは材料にあります。          材料は水、グリセリン(砂糖でも可)、PVA入り洗濯のり、洗剤の3つです。入れる順番が大切で、最後に洗剤を入れることを覚えておきましょう。混ぜる時に泡が立ってしまうとシャボン玉ができにくくなってしまうので、注意が必要です。 配分はある程度決まっていますが、自分でどの配分で割れにくくなるかを探すのも楽しいですね!

~実際に外でシャボン玉を飛ばしました~

シャボン玉の液を作ったら外に出て、実際に飛ばしてみました!大きなシャボン玉ができて、子どもたちも大喜びです。「すげー!!」「僕の方が大きかったよ!」         そんな会話をしながら楽しんで作ることができました(^▽^)    みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です しばらくの間それぞれの障がいの特性やサインについてお話させていただきました。今回は「二次障がい」についてお話させていただきます。  

二次障がいとは

二次障がいについての定義はないとされています。今回は、発達障がいやグレーゾーンの子どもの特性を理解されないことや周囲の間違った対応が継続された結果子どもの心身に起こる二次的な問題や障がいを二次障がいとして考えていきます。  

発症時期

思春期に発症することが多いといわれています。いじめが増えるのもこの時期です。発達障がいやグレーゾーンの子に限りませんが、第二次性徴による性ホルモンの急激な増加が思春期の子どものトラブルを起こしている面もあると考えられています。  

原因となる発達障がいの状況

  • 自閉症スペクトラム症の場合
コミュニケーションがうまく取れないことや、こだわりが強くわがままな人と思われ孤立する時間が増えることがあります。
  • 注意欠如・多動症
怠けている、努力が足りないと思われることがあります。また多動性の特性から集団になじめず親や責される機会が増える傾向があります。
  • 学習障害の場合
自分なりに頑張っても結果につなげることが難しいため、無力感を感じることもあります。   二次障がいの兆候としては小学校高学年以降に多く見られますが、小学校低学年でもその兆候が見られることがあります。例えばかんしゃくを起こしたり何に対してもやる気がないように見えたり、自己否定の言葉を発することが増えたりするなどです。   これらを防ぐためのは子供の特性を理解して環境を整えてサポートし、少しずつ成功体験を積み重ねることが必要です。   二次障がいの兆候が見られた場合やすでに症状が出ている場合は、まず子どものとの信頼関係を取り戻すことが重要です。必要であれば専門医に相談しましょう。  

教室の様子ご紹介

夏といえば。。。スイカ割り   大きなボールを使ってスイカ割りごっこ         スイカ割りごっこをした後はスイカを食べました!     夏野菜カレー   自分たちでよそりました               教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 :029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp    みなさん こんにちは(*^^*) 夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室です。 毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 子どもたちは夏の暑さにも負けず元気に過ごしています 適切な冷房の使用やこまめな水分補給などで、この夏を乗り切っていきたいです。 RYDつくば花室教室では、調理や就労体験など就労や自立を意識した活動を取り入れながら夏休みを過ごしています。 今回は夏休みの活動の一つをご紹介いたします。

家で使うものを自分で買ってみよう!!

トライアルでお買い物体験に行きました。 事前に保護者様に購入してほしいものをあげていただき、子どもたちに実際に購入してもらいました。

買い物前の準備

買い物に行く前に ①お買い物のマナーの確認 入店前のマスク着用や消毒、レジの並び方、商品の扱い方などを動画で確認しました。 ②自分が買う商品の予算の確認 自分が購入する予定の商品の大体の金額をインターネットで調べました。 予算の500円以内に収まるように購入する商品を考えました。 といった準備をしました

買い物に行こう!!!

準備ができたら実際に買い物に出発です!! 職員と一緒に自分たちが購入するものを店内で探します。商品がたくさんあるので、お目当ての商品を探すのが大変だった子もいたと思いますが、みんな無事に商品を選ぶことができました。 最後はセルフレジで精算しました。商品を登録し、お金を入れ、お釣りやレシートを自分で受け取るところまで自分でできました(^^) 教室で使うものの買い物をしてもらうことはあるのですが、自分たちが使うものを予算内に収まるように購入するというのは新鮮な経験だったのではないかと思います(^^)    
LINEで簡単お問い合わせ

放課後等デイサービス事業のLINEはこちら

電話・メールでお問い合わせ
放課後等デイサービス
029-897-3364
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日
学びの教室・脳ヨガ
029-846-7138
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日

教室一覧

こどもプラスつくば吾妻教室(児童発達支援事業)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原101号
チャイルドブレインつくば吾妻教室(放課後等デイサービス)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原105号
総合療育センターつくば東教室(放課後デイサービス)
〒305-0046 茨城県 つくば市東2丁目26−3 エムズ スクウェア
総合療育センターつくば二の宮教室(児童発達支援・放課後デイサービス)
〒305-0051 茨城県 つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F
夢を叶える就労トレーニングつくば花室(中高生向け放課後デイサービス)
〒3050025 茨城県 つくば市花室848-1 花室Sテナント1階
学びの教室 つくば教室
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3丁目7-14 エスワンビル2-B号室
脳ヨガつくば教室 ※開講準備中
〒305-0051 茨城県つくば市二の宮4丁目1-26 大洋テナント2F