twitter twitter twitter
Line

LINE登録

Line

資料請求
お問い合わせ

Line

当グループに
ついて

二次障がい~発達に対する理解の大切さ~
みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です しばらくの間それぞれの障がいの特性やサインについてお話させていただきました。今回は「二次障がい」についてお話させていただきます。  

二次障がいとは

二次障がいについての定義はないとされています。今回は、発達障がいやグレーゾーンの子どもの特性を理解されないことや周囲の間違った対応が継続された結果子どもの心身に起こる二次的な問題や障がいを二次障がいとして考えていきます。  

発症時期

思春期に発症することが多いといわれています。いじめが増えるのもこの時期です。発達障がいやグレーゾーンの子に限りませんが、第二次性徴による性ホルモンの急激な増加が思春期の子どものトラブルを起こしている面もあると考えられています。  

原因となる発達障がいの状況

  • 自閉症スペクトラム症の場合
コミュニケーションがうまく取れないことや、こだわりが強くわがままな人と思われ孤立する時間が増えることがあります。
  • 注意欠如・多動症
怠けている、努力が足りないと思われることがあります。また多動性の特性から集団になじめず親や責される機会が増える傾向があります。
  • 学習障害の場合
自分なりに頑張っても結果につなげることが難しいため、無力感を感じることもあります。   二次障がいの兆候としては小学校高学年以降に多く見られますが、小学校低学年でもその兆候が見られることがあります。例えばかんしゃくを起こしたり何に対してもやる気がないように見えたり、自己否定の言葉を発することが増えたりするなどです。   これらを防ぐためのは子供の特性を理解して環境を整えてサポートし、少しずつ成功体験を積み重ねることが必要です。   二次障がいの兆候が見られた場合やすでに症状が出ている場合は、まず子どものとの信頼関係を取り戻すことが重要です。必要であれば専門医に相談しましょう。  

教室の様子ご紹介

夏といえば。。。スイカ割り   大きなボールを使ってスイカ割りごっこ         スイカ割りごっこをした後はスイカを食べました!     夏野菜カレー   自分たちでよそりました               教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 :029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  こんにちは! こどもプラス茨城事務局の宮山です😊 もうすぐお盆ですね! みなさんは何か予定はありますか? 夏休みもそろそろ折り返しですが、暑さに負けず楽しく過ごしましょう🍉 今回は、学びの教室で行っているサブカリキュラムの一つ「現代アート」についてご紹介いたします♪  

インベーダーってだあれ?👾

みなさん、インベーダーという人物をご存じですか? インベーダーは、1969年フランス・パリ生まれの芸術家です。 彼の作品は、1970年代後半~80年代に流行したレトロゲームに影響を受けています。 彼の作品の特徴は、セラミックタイルを使用したレトロゲームを連想させるキャラクターです。 中でも有名なのが「スペース・インベーダー」をセラミックタイルで作った作品です。 このようなキャラクターは、見たことがある方も多いと思います どこか懐かしい雰囲気もありますよね! では、実際に通塾生が作成した作品をご紹介いたします。  

モザイクチップスでハートを作ろう💕

こちらは通塾生が作成した作品です。 今回はモザイクチップスというタイルを使ってハートの形を作成いたしました。 とても集中して作品を仕上げることができ、達成感も感じることができたようです😊 学びの教室で行う際には、作品を作るだけではなく、前半にご紹介させていただいた芸術家のお勉強も行います。 様々な芸術家を学びながら、たくさんの技法を知ることができるのが「現代アート」です! この他にもたくさんの技法がございますので、ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください♪ 随時、教室の見学も行っておりますので、ぜひLINEの登録をお願いいたします! ご登録はこちら→https://lin.ee/ndoivJO            みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です。 前回は 自閉スペクトラム症とは~特徴やサイン~  についてのお話をさせて頂きました。今回は注意欠如・多動症(ADHD)についてお話させていただきます。  

注意欠如・多動症(ADHD)とは

主な特性は「不注意」「多動症」および「衝動性」がみられることです。 不注意 ・忘れ物が多い ・約束を忘れてしまう ・すぐにほかのこと(もの)に興味を持つ 多動性 ・熱中しているとき以外は、落ち着きがない ・授業中でもふらふらと立ち歩いてしまう ・ずっとしゃべっている 衝動性 ・突然物を投げたり人をたたいたりする ・道路に飛び出す ・順番が待てない などそれぞれの特徴があります。  

注意欠如・多動症の特徴やサイン

について幼児期と学齢期に分けて紹介していきます。   幼児期 好奇心が旺盛、周りの子どもに比べて活発で落ち着きがないことがあり、気付きやすい特徴としては常に動いていたり、手を離すとすぐにどこかに行ってしまうことがあります。 集団生活や周りとのかかわりでは友達とのトラブルが目立つようになります。   学齢期 授業中に静かに座っていられない、最後まで集中して活動に取り組めないことがあります。また提出物を忘れてしまうことも多く、様々な面で周りの大人に注意される傾向があります。  

注意欠如・多動症への対応ポイント

  • 主な特性である「不注意」「多動症」「衝動性」は周りに理解が得られることで、成長とともに落ち着いていくといわれています。
  • 自閉スペクトラム症の特性と誤解されたり、その他の精神疾患を併存していたりする可能性もあります。子どもの特性についてきちんと理解するために、専門家の診断を受けることが効果的な場合もあります。
  • 適切なサポートがなく、怒られてばかりいると、二次障がいに発展する可能性が高くなります。
いかがでしたか?今回は注意欠如・多動症について少し詳しくお話させていただきました。次回は学習障害についてお伝えしたいと思います。  
話は少し変わりますが
こどもプラスつくば吾妻教室は現在夏休み期間に入り朝から利用するお子さんが増えた時期になりました。先日午後の自由時間にスライムづくりを行いました😄 混ぜるのを楽しんだり... ペタペタ触って感触を楽しみました(≧▽≦)   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  こんにちは! 放課後等デイサービスチャイルドブレインつくば教室の中川です(^^)/ 運動遊びの中でマットを使った遊びとして「前転」=「でんぐり返し」をよくやるのですが、回るのが怖かったり、一人で行うのが難しいお友だちが多くいます。 実はたった二つのポイントを押さえるだけで簡単に回ることができてしまうのです(^^♪ 今回は前転のポイントをご紹介します★

~前転のポイント①~

手を足の近くにつける!!! 回れない子のほとんどが足から遠く離れた位置に手をついてしまっています。その形では大人でも回るのが難しいです。

~前転のポイント②~

頭の後ろをマットにつける!!! 回れない子のほとんどがマットにおでこをつけていたり、頭のてっぺんをつけてしまっています。頭の後ろをつけることで簡単に自動的にくるんと回ることができます! 写真は前転ができなかった子が実際に初めて一人で出来るようになった瞬間です(*^^*) 回れた後は大喜びで「もう一回やる!」と言っていました★ このように成功体験を積むことで苦手だったことにも自信を持って取り組むことができるようになったり、初めてのことにも意欲を持って挑戦できるようになっていきます! 今後も様々な活動を通して成功体験を積んでいきたいと思います♪ 前転が苦手なお友だちは是非この二つのポイントを確認しながらマットやお布団の上で挑戦してみてくださいね!(^^)!        こんにちは!総合療育センターつくば東教室です! 梅雨の時期に入り天候が不安定になってきました。 そこで今日はお家でもできる運動遊びを柳沢運動プログラム6月号から紹介したいと思います!  

お家で挑戦

~大きいウシガエルのカップタッチ~

大きいウシガエルのカップタッチとは3~4色ほどのカップを並べて大きいウシガエルで進みながらタッチしていく遊びです。 この遊びは支持力や身体のコントロール、判断力や空間認知を養います。   やり方としてはウシガエルと同じ   で手→足、手→足の順番で進んでいきます。。 手よりも前に足をつく大きなウシガエルで進みます。 カップは3~4色をランダムに並   べます。最初は自由にタッチしますが慣れてきたら大人がタッチする色を指定し、指定された色だけを触っていきます。  

☆気を付ける

 

ポイント☆

気を付けるポイントとしてウシガエルの際に手と足が同時にジャンプしないようにしっかり手→足で進みます。 スピードは出さなくていいのでゆっくり行います。支持力が弱い時にスピードを出してしまうと顔から転倒する恐れがあります。慣れてきたら徐々にスピードを上げるようにしてみてください。 カップの色を指定するのですが最初は赤、青など簡単な指示で大丈夫です。慣れてきたらリンゴの色や空の色など言葉を難しくしてみてください。   1色だけではなく赤以外の色など指示以外の色を触るようにしても楽しいです。 大きいウシガエルは開脚飛びの動きに似ているので跳び箱が苦手なお子様はぜひお家でやってみてください! 随時、お問い合わせ、ご見学お待ちしております! 無料体験会も実施しておりますので、お気軽にご連絡ください(^^♪ 総合療育センターつくば東教室 山田  

皆さん、こんにちは(*^▽^*)

総合療育センターつくば二の宮教室の田中です。

今回は、柳沢運動プログラムにある、さまざまな感覚が身につく運動療育についてご説明致します。

~風船しっぽとり🎈~

①職員は背中にロープで風船をくくりつけます。くるくると回りながら逃げます。 ②子どもたちは追いかけながら風船に軽くタッチします。 追いかけっこが進化したみたいで子どもたちも好きな運動遊びの1つです。 走ると風船もゆらゆら動くし、強く叩くと割れてしまうので意外と難しいです💦

~風船壁タッチ🎈~

①壁から少し離れて立ちます。   ②手に持った風船を下から叩きます。風船が浮いている間に壁をタッチします。そして、浮いている風船をキャッチします。 ポーンと高く上げよう!! 床につく前にキャッチできるかな?頑張れ~!!

~感覚を身につけると何がいいの??~

固有感覚・平衡感覚・触覚を身につけると運動や生活する上での体や発達の偏りを改善できます。固有感覚は体がどのように動いているか、変化しているかが分かる感覚のことです。風船をつかった運動遊びではこれらが鍛えられ、上手に体を動かせるようになります。 みんなで楽しみながら感覚を身につけられる運動遊びを一緒にしませんか?

ご興味のある方は、見学やご相談など随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい(^^)/

総合療育センターつくば二の宮教室               住所:茨城県つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F

📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp

みなさん、こんにちは✨

夢を叶える就労トレーニングつくば花室教室の宮山です! 最近暖かくなってきましたがいかがお過ごしですか? お天気がいい日は外で元気いっぱい遊びたくなりますね😊 本日は、私たちが行っている運動指導についてご紹介したいと思います!  

運動指導とは?

運動指導とは、子どもたちを対象に運動遊びを行うことです! 私たちは、柳沢運動プログラムと毎月の指導案をもとに運動指導を行っています。 私はその運動指導のサポートとして運動器具の準備や、子どもたちの援助、子どもたちへの見本などを行っていますを行っています!

先日は、準備運動と予測じゃんけんを行わせていただきました! 子どもたちの注意を引きつけるのはなかなか難しいですね💦上手くいかないことも多々ありますが、先輩の先生の動きや声掛けの仕方を見ながら、日々勉強をしています!  

↓↓☆準備運動の様子です☆↓↓

 

柔軟性の大切さ

最近の子どもたちは柔軟をする機会が少ないため、体が硬い子どもたちが多いです。

大人になってから柔軟運動をしても、筋肉がついているためなかなか身体が柔らかくなりにくいです。 しかし、まだ筋肉が十分に備わっていない子どのうちから柔軟運動をしておくことで、無理なく柔軟性を身につけることができ、怪我の予防にもなります!

その柔軟性を育む運動療育の遊びではブリッジを行っています!

今後も運動療育について発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!!

     みなさん、こんにちは!最近は気温差が激しくて体調を崩していませんか?私は杉花粉は以前はひどかったんですが岩盤浴に通ってからは杉花粉が良くなって今はヒノキの花粉がひどくて目がかゆくなります(>_<)車にも花粉がついて嫌ですよね~( ゚Д゚)皆さんもお気をつけてお越しくださいませ(^_-)-☆  

発達障害のこどもたちには何故運動療育が良いのか?

①体の使い方が上手になる 運動療育では脳からの指令で体の筋肉をうまく動かせるようになるプログラムが取り入れられています。見本の動きを真似をする、音楽を聞きながら動くなど目と手足、耳と手足などを一緒に動かす体操は感覚統合に効果的です。脳に刺激を与えることで、さまざまな感覚が正しく機能するようになります。体操などは発達障害児でも取り組みやすく続けていくと体の使い方が上手になることが実感できるでしょう。 ②健全な体の発達を促す 運動療育は機能的な発達を促すものですが、効果はそれだけではありません。実際に体を動かすことで筋肉など身体的な発達も促されるのです。発達障害児の中には筋力が弱く、姿勢保持が苦手な子もいますが運動療育によって適切な筋肉がつくことで、猫背や姿勢の悪さが改善されたという例もあります。その他、体が丈夫になって風邪をひきにくくなったり、バランス感覚が身につき柔軟性も向上することでケガをしにくくなったりという効果もあるのです。 ③ストレス発散や自己肯定感の向上にも効果的 体全体を使って行う運動療育はストレス発散にも効果的です。ADHDなどの障害特性でじっとしているのが苦手な子は、机に座って行う療育などが精神的負担になることもあります。対して運動療育なら体を思い切り使うことができるので楽しく取り組めるおこさんも多いでしょう。他のことに取り組むことで協調性が芽生えたり社会性が向上することもあります。こども自身が「出来た」という喜びや達成感を感じることもでき自己肯定感を高めることにもつながるのも運動療育の利点です。さらに運動して体が適度に疲れることで夜眠りやすくなるなど生活リズムを改善する副次的な効果も期待できるでしょう。 運動療育はこどもたちが楽しく出来るように今後も考えながらやっていきたいと思います。 🐰こどもプラス🐰 宮田 幸世 

皆さん、こんにちは(*^▽^*)

総合療育センターつくば二の宮教室の田中です。

今回は、柳沢運動プログラムにある、腕の支持力や懸垂力が身につく運動療育についてご説明致します。

~サルキック~

腕に力を入れて体重を支え、足で地面を蹴り上げて、目標の先生の手をキックします。お尻を持ち上げるのが難しそうですね。練習を重ねて足を高く上げることができるようになりました!

最初は先生に補助してもらいながらイメージをつかみます。

高く足を持ち上げられています! すごい!!

~忍者前回り~

鉄棒の前回りは簡単!という子はステップアップして忍者前回りにチャレンジしましょう!

忍者になりきって、静か~に、、、 前回りの後に「ドスッ」と音をたてないように、ゆっくりと静かに着地します。これには、懸垂力がとても重要になります!

~気を付けるポイント~

①鉄棒をにぎる手は下からにぎりましょう☺

②ゆっくり回転するために、太ももとお腹でしっかりと鉄棒を挟みましょう!

③腕の力と腹筋を使って、鉄棒を胸に引き付けながら、ゆっくり着地します!

上手に忍者になれたかな??

ゆっくりと体全体を使って、運動するのは大人でも難しいですが、みんな忍者になりきって、楽しく運動遊びに取り組んでいます!!

ご興味のある方は、見学やご相談など随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい(^^)/

総合療育センターつくば二の宮教室 田中              住所:茨城県つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F

📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp

みなさん、こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室です♪ 桜も散り暖かさよりもジメジメとした暑さを感じる季節が近づいてきましたね^^;そんな中でも子どもたちは変わらず元気いっぱいです☆ 折り紙でこいのぼり製作🎏 5月5日は端午の節句(こどもの日)となります。 こどもプラスつくば吾妻教室でもこどもの日の製作を行いました(*^^*) 先生の助けをもらいながら頑張る子どもたち... 「できたー‼」 と完成した時とても嬉しそうにしていました🌟 教室のお友達には折り紙がまだ難しい子もいますがそういう時は先生が折ったこいのぼりにお絵かきをしたりと 同じ年の子でも一人ひとりの発達に合わせた製作が行え無理なく子どもたちも楽しめます!(^^)!  

折り紙は楽しいだけじゃない!?

折り紙には知育的効果があると言われていますのでその中からいくつかご紹介させて頂きます😄 ① 指先のトレーニングになる ② 忍耐力、集中力が磨かれる ③ 達成感を得られて自己肯定につながる ④ 思考力、想像力が豊かになる ⑤ 空間認知能力が鍛えられる などなど、、、折り紙には子どもたちの発達に対してよいことがたくさんありまた大人の脳トレにもなります🎵 折ることがまだ難しいな、、、というお子様は紙を丸めたりちぎったりするだけでもOKです◎おうちの人も一緒に楽しんでみてください😊   こどもプラスつくば吾妻教室は未就学児(2~6歳)対象とし運動、言語トレーニングを中心とした療育を行っておりますが折り紙の他洗濯バサミを使ったり発達の様子を見てお箸の練習をしたりと握力、指先のトレーニングも取り入れています(^^)   発語の遅れや言葉、コミュニケーション能力が気になるという方は是非一度こどもプラスつくば吾妻教室に見学に来てください◎ こどもプラスつくば吾妻教室 夏目 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  
LINEで簡単お問い合わせ

放課後等デイサービス事業のLINEはこちら

電話・メールでお問い合わせ
放課後等デイサービス
029-897-3364
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日
学びの教室・脳ヨガ
029-846-7138
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日

教室一覧

こどもプラスつくば吾妻教室(児童発達支援事業)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原101号
チャイルドブレインつくば吾妻教室(放課後等デイサービス)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原105号
総合療育センターつくば東教室(放課後デイサービス)
〒305-0046 茨城県 つくば市東2丁目26−3 エムズ スクウェア
総合療育センターつくば二の宮教室(児童発達支援・放課後デイサービス)
〒305-0051 茨城県 つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F
夢を叶える就労トレーニングつくば花室(中高生向け放課後デイサービス)
〒3050025 茨城県 つくば市花室848-1 花室Sテナント1階
学びの教室 つくば教室
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3丁目7-14 エスワンビル2-B号室
脳ヨガつくば教室 ※開講準備中
〒305-0051 茨城県つくば市二の宮4丁目1-26 大洋テナント2F