twitter twitter twitter
Line

LINE登録

Line

資料請求
お問い合わせ

Line

当グループに
ついて

学習障害(LD)とは
みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です🌻 前回は  注意欠如・多動症(ADHD)とは についてのお話をさせて頂きました。学習障害(LD)についてお話させていただきます。  

学習障害(LD) とは

学習障害には様々な定義がありますが今回は文部科学省が発達障がい児に対する指導についてで定義したものをお伝えします。 基本的には、知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算することなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、様々な障害を示すものである。  

主な特性

知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するなどの特定の能力につまずきや困難が生じる状態をいいます。 困難な特徴によって ・「ディスレクシア(誤字障がい)」 文字を正確に読むことができない、時間がかかる 「へ」や「は」を適切に読むことができない 読めても意味を理解できない ・「ディスグラフィア(書字障がい)」 文字を書くのに時間がかかる、雑に書く 句読点を書かない、打つ場所を間違える 文字を枠からはみ出る ・「ディスカリキュラ(算数障がい)」 数の概念が理解できない 計算が遅い、ひどく間違える  

特徴やサイン

幼児期は就学前なので、特徴や症状が現れにくいと考えられています。しかし就学を見据えて学習に取り組むうちに次のようなサインに気付くケースがあります。 ・ひらがなを鏡文字で書く ・枠や紙から書いた文字がはみ出る ・数字の理解や数の数え方が遅い ・何度教えてもすぐに忘れる   学齢期 ・教科書を読むのに時間がかかる ・文章を読んでも理解できない ・計算をひどく間違える   子どもに知的な遅れが見られない場合、周りの人から「不真面目」「努力が足りない」と思うことがあります。 学年が上がり、さらに学習内容が難しくなることで、できない自分に自信を無くす事もあり、孤独を感じて二次的な障がいにつながることがあります。 周りの大人たちが理解することが大切となります。   いかがでしたか、今回は学習障害についてお話させて頂きました。 こどもプラスつくば吾妻教室は未就学児向けとなりますが他にも小学生以上を対象とした教室もありますので気になった方はお問い合わせください😄   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*                                  かき氷作り🍧   こどもプラスつくば吾妻教室ではスライムづくりに続きかき氷づくりを行いました🌟 かき氷機をくるくる回して甘いシロップをかけると完成◯ ひんやり冷たいかき氷みんなで美味しく頂きました。   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  みなさんこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室の夏目です。 前回は 自閉スペクトラム症とは~特徴やサイン~  についてのお話をさせて頂きました。今回は注意欠如・多動症(ADHD)についてお話させていただきます。  

注意欠如・多動症(ADHD)とは

主な特性は「不注意」「多動症」および「衝動性」がみられることです。 不注意 ・忘れ物が多い ・約束を忘れてしまう ・すぐにほかのこと(もの)に興味を持つ 多動性 ・熱中しているとき以外は、落ち着きがない ・授業中でもふらふらと立ち歩いてしまう ・ずっとしゃべっている 衝動性 ・突然物を投げたり人をたたいたりする ・道路に飛び出す ・順番が待てない などそれぞれの特徴があります。  

注意欠如・多動症の特徴やサイン

について幼児期と学齢期に分けて紹介していきます。   幼児期 好奇心が旺盛、周りの子どもに比べて活発で落ち着きがないことがあり、気付きやすい特徴としては常に動いていたり、手を離すとすぐにどこかに行ってしまうことがあります。 集団生活や周りとのかかわりでは友達とのトラブルが目立つようになります。   学齢期 授業中に静かに座っていられない、最後まで集中して活動に取り組めないことがあります。また提出物を忘れてしまうことも多く、様々な面で周りの大人に注意される傾向があります。  

注意欠如・多動症への対応ポイント

  • 主な特性である「不注意」「多動症」「衝動性」は周りに理解が得られることで、成長とともに落ち着いていくといわれています。
  • 自閉スペクトラム症の特性と誤解されたり、その他の精神疾患を併存していたりする可能性もあります。子どもの特性についてきちんと理解するために、専門家の診断を受けることが効果的な場合もあります。
  • 適切なサポートがなく、怒られてばかりいると、二次障がいに発展する可能性が高くなります。
いかがでしたか?今回は注意欠如・多動症について少し詳しくお話させていただきました。次回は学習障害についてお伝えしたいと思います。  
話は少し変わりますが
こどもプラスつくば吾妻教室は現在夏休み期間に入り朝から利用するお子さんが増えた時期になりました。先日午後の自由時間にスライムづくりを行いました😄 混ぜるのを楽しんだり... ペタペタ触って感触を楽しみました(≧▽≦)   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp  こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室のなつめです🌻 こどもプラスつくば吾妻教室では発達障がい、発達の遅れがみられる子に対しての療育を行っておりますがそもそも「発達障がい」とは何なのか改めてお伝えしていきたいと思います。  

発達障がいの理解と支援

発達障がいは、生まれつき脳機能の発達が通常と異なっていたり、偏りがあったりする状態があることが原因とされています。 発達障がいがあると周りの環境に左右されたり、対人関係がスムーズにいかず想定外に誤解やトラブルを招くことがあります。 見た目では分かりにくいため周りからは「わがまま」や「自分勝手」と受け取られてしまいます。そのため「親のしつけ」や「甘やかされていること」が原因だと捉えられる事も少なくありません。 子どもの特性をよく理解して、それぞれに合った特性に合った支援や対処、環境設定をすることで子供の生きづらさが軽減され、心の安定につながります。  

発達障がいの分類

発達障がいの主な分類
  • 自閉スペクトラム症(ASD)自閉症スペクトラム障害
  • 注意欠陥・多動症(ADHD)
  • 学習障害(LD)
ASD、ADHAには知的障害が表れることもあります。ほかに、言語発達遅延滞や発達性強調連動障害、てんかん、チック、吃音などを併存している場合もあります。  

障がいの重複グレーゾーン

障がいは重複することがあり、複数の障がい特性をあわせ持っている子供もいます。障がいの診断は、社会適応に対して重要な問題になりやすい領域の障がいを最優先とします。 つまり、単一の診断名が「子どもの持つ発達障がいのすべてではない」ということです。 グレーゾーンとは 発達障がいの特性がいくつか見られるものの診断基準をすべて満たしているわけではなく、確定診断ができない状態をいいます。

まとめ

発達障がいやグレーゾーンも子どもたちは「本人の努力が足りない」「親のしつけがなっていない」などとネガティブなイメージを持ってしまう人も多いと思います。しかし決して本人のせいでも親御さんのせいでもありません。一人ひとりの個性として見れることでその子なりの成長ができます。 また現在こどもプラスつくば吾妻教室では年長児の利用が多くなっておりますが療育に通い始めるのに「まだ早い」はないと思います。少しでもお子さまの特性に気になることがありましたら療育をご検討下さい😊見学、体験受け付けております。 こどもプラスは小学生以上のお子さんを対象とした教室もありますので長期的な療育が可能となります。 こどもプラスその他の教室についてはこちらをクリック☆ 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp

こんにちは!

チャイルドブレインつくばの中川です(^^)/

こどもプラスグループでは運動療育として

柳沢運動プログラムによる運動遊びを行っております♪

支持力跳躍力懸垂力などを軸に様々な力を総合的に養い、生活の中での動作に繋げていきます(*^^*)

~裸足で運動遊びを行っています~

夏でも冬でも運動遊びを行う際には裸足で行っています!

~裸足の効果とは?~

①土踏まずの形成を促し偏平足を改善することで、たくさん歩いても疲れにくくなる! ②足裏のセンサーが鍛えられてバランス感覚が身に付き転倒予防にも繋がる! ③足のかかとや足の指先にも意識がいくようになり、踏ん張りがきくようになる! ④どこに重心があるか感じやすくなり適切な重心ポイントで立つことができるので、身体への負担が軽減する! ⑤足裏が刺激されることによって脳の活性化を助ける働きがある! ⑥靴下を脱ぐことで解放感を感じることができ、リフレッシュ・リラックス効果を得られる! などなど、たくさんの素晴らしい効果があります(^^♪ しかし、良かれと思って幼少期に裸足で過ごすことに慣れすぎてしまい、いざお出かけしようと思った時、小学生になった時に靴下が不快で履けなくなってしまうという場合もあります。。。 靴下は、靴とセットで履くものとして、外遊びがしたい時には、「まず靴下を履く」ということを毎日繰り返し習慣化していくことも大切です(´・ω・`)!            

みなさんこんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室の鈴木です😊

  今回は子どもたちが普段教室で行っている運動遊びを、1部ですがご紹介していきたいと思います!

クマさんがお店にやってきた🐻

まず最初にご紹介するのは、のれんくぐりクマです。 この運動遊びは、鉄棒にマットを被せ、クマの姿勢になって頭で押しながら進んでいくという遊びです。 左右に倒れないようにしっかりと腕で体を支えることでバランス力を、下を向いてもまっすぐ進むことで平衡感覚を養うことができます。額ではなく、頭のてっぺんで押すのがポイント!

アヒルさんに変身して柵を超えよう🦆

次にご紹介するのは、アヒルの柵越えという遊びです。アヒルの姿勢で縄や少し高さのあるゴム紐などを跨ぎながら進んでいきます。 この運動遊びでは、障害物を視覚で捉える空間認知やしゃがんだ状態で足を上げる動きのバランス力、足の指先の力を養うことができます。  

おさるさんになって足でボールを持ち上げてみよう🐒

最後にご紹介するのは、サルクレーン車という遊びです。鉄棒にぶら下がった状態で、足を使ってクレーン車のように地面に置いてあるものを取ります。そして足で拾ったものを指定した場所や指導者に渡すという遊びになります。 この遊びでは、腕でぶら下がることによって懸垂力を養うとともに、ぶら下がった状態で足元のものを拾い上げることで、指先の力や空間認知を養うことができます。   今回ご紹介したものの他にも様々な運動遊びを行っています! 気になることがありましたら是非一度見学に来てみてください!みなさん、こんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室です♪   今日はこどもプラスつくば吾妻教室の一日についてご紹介していきたいと思います。   午前  運動療育と言語トレーニング 9;30 順次登所 又 職員による送迎開始 登所後は朝の支度を行い、その後は自由遊び   🚀磁石のおもちゃでロケットを作りました🚀       10;30 片付けを行い、はじまりの会を行います 日にちの確認やお名前を読んだりします   運動遊び(約30分間) マット、鉄棒などを使い行います。   運動遊びの前のリズム体操🎵 これはエビカニクスを踊っています     この日は クマ歩きで線渡りに挑戦🧸         言語トレーニングで(約30分間) ・あいうべ体操、舌のトレーニング 子どもの気になる滑舌、発音 ・なぞり書き ・はさみなどを使い手先のトレーニング 折り紙で身につく意外な力 ・SST             11:45   各自お弁当を食べます モグモグタイム😋         午後   お弁当を食べた後はしばらくの間自由遊びとなります。 ・13:00~15;00 保育園や幼稚園への送迎 登所 自由遊び   この日は天気が良かったので近くの公園に遊びに行きました(≧▽≦)     14:45 おやつ     各自用意したおやつを食べます。 モグモグタイム(^-^)        

おやつを食べた後は自由遊び

  ゴロゴロしながら…     15:30 片付けを行い はじまりの会 運動遊び(約30分間)、言語トレーニング(約30分間) 椅子に座ってお話を聞きます             時間があれば自由遊び   17:00 順次降所 保護者の方がお迎えに来たり職員が送迎を行います。   このように運動遊び+言語トレーニングは一日に二回行い、一日のうちに行う内容は基本的には同じですが子どもの様子を見て内容を変更します。   また自由遊びのときやトレーニングの後時間があるときは近くの公園に遊びに行きます😊 公園に行くために頑張る!という子もいます☆   利用時間は 一日 9:30~17:00  午前 9:30~13:30 午後(保育園や幼稚園の後)15:00~17:00 必要に応じて送迎を行いますので見学や体験の際にご相談ください。  今回は平日の一日の流れを紹介させていただきました😊土曜日、祝日、学校が休みの日(夏休み期間など)はまた違った流れとなります🍀 教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jpこんにちは、こどもプラスつくば吾妻教室です🌟   さて私事ですがこどもプラスつくば吾妻教室に勤めて二ヶ月が経とうとしています。 そこで今回はこの二ヶ月で感じた子どもたちの成長をお伝えしていきたいと思います(*’▽’)    

未就学児を対象とした運動療育と言語トレーニング

  まず初めにこちらの教室は2~6歳の保育園や幼稚園に通うお子様を対象とし運動療育+言語トレーニングを行う教室となります。 もちろん2~6歳であれば保育園や幼稚園に通っていなくてもOKです◎   主に言葉が出ない、上手く発音出来ない、コミュニケーションが上手く取れないと言うお悩みを持つ自閉症、発達障害、ダウン症などのお子様が通っています。 子どもの気になる滑舌、発音 ←トレーニングの一例となります。

落ち着きがなく動き回っていたAさん

  運動遊び、言語トレーニング共に興味を持たず歩き回っていましたが運動遊び中は先生と一緒に座り待っていたり一緒に参加出来るようになりました🌼 興味のある運動遊びに関しては名前を呼ばれると来るようにもなりました❢   そして一番成長を感じたことは言語トレーニングの時間になると自分から席に座り待っているようになった事です...!! お口の体操にも興味を持ち口を動かそうとする姿まで👏👏👏   まだお話はできませんが大きな成長となっています♪    

発音が上手く出来ないBさん

  療育にも積極的に参加し言葉の理解はできていてやり取りはできますが「サ行」や「ラ行」が上手く言えない様子で舌を伸ばすトレーニングを始めた頃はうまく出来ませんでしたが今では上手に伸ばせるようになってきました(≧▽≦) そして最近会話の中で自然と「てべり」ではなく「テレビ」と発音できていたのを聞き逃しませんでした...!! 聞けたのは一回だけでしたがこれも大きな成長ですね    

気になる子もきちんと成長している

  このように気になる子や発達の遅れがある子でもトレーニングを重ねていくことで成長を感じられることはたくさんあります。そして続けていくことも大切だと感じました☺   発達障害、自閉スペクトラム症、ダウン症だから成長しないではなくゆっくりゆっくりでもその子なりに成長しています。 お子様の成長を皆様と一緒に見つけて共有していけたらいいなぁと思います(*^^*)   気になることがありましたら是非一度見学に来て下さい😊 絵カード SST       なぞり書き✏   教室名:療育的な運動支援を提供する発達支援教室“こどもプラス” 住所:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-7-15パレス柴原101 📞:029‐897-3366 ✉:support@kodomo-plus-ibaraki.jp    みなさん最近、熱くなる日が続いてますが皆さんは体調はどうですか?(>_<) 最近、食中毒が出たり疲れが出て体調が悪くならないように美味しい物を食べて( *´艸`)ゆっくり休んでこれからの夏に向けて頑張って乗り越えて行きましょう(^.^)/~~~

DCDとは?

DCDとは発達性協調運動障害のこどもたちは幼児期から暦年齢や知的能力に比べて、協調運動を必要とする日常生活動作が著しく劣る状態にあります。不器用さが目立ったり、全身運動がぎこちなかったり、手先の器用さがなかったり・・。その結果、成功体験がなかなか得られずに、チャレンジしていく意欲をなくしてしまうかもしれません。そこが1番問題となる二次障害だと考えています。

DCDに疑われる症状

★低学年(粗大運動)  ・姿勢が崩れやすい  ・長縄跳びでタイミングよく入れない  ・縄跳びが出来ない  ・短距離走で加速出来ない  ・転びやすい  ・力がなくてふにゃふにゃしてしまう  ・リズム体操・ダンスの振りが覚えられない ★低学年(微細運動)  ・箸がうまく使えない  ・食事を口からこぼしやすい  ・文字がマス目からこぼしてしまう DCDを抱える子どもたちは縄跳び、跳び箱、鉄棒など機械運動も苦手で練習しても上達が遅く自信を無くしてしまいます。 身体を器用に動かすことが出来るようになる為には各身体部位が協調しながら動きを調節し合う協調運動が必要です。 協調運動が苦手な子どもたちににとって運動遊びの中で平均台、ジャングルジム、前回り、的に向かってボールを投げるボールを蹴るなど様々な運動を行うことが各身体部位の動きを文化させる刺激になると考えられます。 運動が苦手でも少しでも出来る物には参加してもらって今後に役立つように支援していければと思います。  みなさんこんにちは!こどもプラスつくば吾妻教室の鈴木です(*^^*) 今回は普段教室で行っている運動遊びの中で、身体を支える力、『支持力』を養う遊びについてご紹介したいと思います! 当教室で行う5月の支持力を養う運動遊びは、 1.大きいウシガエル 2.クマの鬼ごっこ 3.雑巾がけ となっています!  

大きいウシガエルに変身🐸

まず最初にご紹介するのは、大きいウシガエルです。カエルの姿勢から手を前に着き、手よりも前に足が来るように大きくジャンプして着地します。手・足、手・足...の順に動かすこと、慌てずにできるだけ大きい動作で行うことがポイントです!この手よりも足を前に出して跳ぶという動きは、跳び箱を跳び越す動きに近いものになります。 大きいウシガエルをクリアすることが開脚跳び成功の近道になるかも…

クマさんに変身して🐻

次にご紹介するのは、クマの鬼ごっこです!追いかける側も逃げる側もクマの姿勢になって行います。初めから自由に動き回って鬼ごっこというのは難しいので、まずは先生が鬼となって円の周りを一定方向で追いかけたり、指定した場所へ逃げるなどといった遊びから始めます。このクマの鬼ごっこは、支持力だけでなく友だちや鬼を視覚で捉えることで空間認知を、鬼から逃げる場所や位置を考えることで判断力を養うことができます。

腕を鍛えて床もキレイに💪✨

最後は雑巾がけです!             しっかりと手を広げて、膝も上げて…よーいドン‼腕を鍛えて教室もキレイになって一石二鳥ですね!  

跳躍力を養う運動遊び

~足の筋力向上を考慮した遊びの紹介~   こんにちは! チャイルドブレインつくば教室の生井です!   足の筋力は人間にとってとても大切な筋肉です。チャイルドブレインの子どもたちはとても元気なのでよく走っております^^ 足の筋力を作り上げるのは走ることだけではなく、跳ぶことによって作りあげることも出来ます。 今回はその跳躍力を養う遊びを紹介していきます。    
カンガルージャンプ
カンガルーといえばジャンプしながら移動をしますね。その動きを真似して両足をピタッと付け、また両手同士も付け、ジャンプをしながら前に進んだり、横に移動をします。 少しレベルを上げて並べてある紐を超えながらジャンプをする『幅跳びカンガルー』があります。
ポイントジャンプ
フラフープを縦に並べ、どれだけジャンプが出来るのかという遊びです。勢い良くジャンプをするので子どもたちは全力疾走です。フラフープが遠ければ遠い程ポイントが高くなります。 これは友達同士競い合うのではなく、自分がどれだけジャンプを出来るのかを把握し、更にジャンプが出来るように自分自身で頑張るというものです。 皆凄いジャンプ力です^^     子どもたちは身軽に高く、そして楽しくジャンプをし、次第に跳躍が養われていきます。   見学やご相談など随時受け付けております。 お気軽にご連絡ください。 TEL:029-893-3949 Mail:info@jcbh-tsukuba.com    
LINEで簡単お問い合わせ

放課後等デイサービス事業のLINEはこちら

電話・メールでお問い合わせ
放課後等デイサービス
029-897-3364
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日
学びの教室・脳ヨガ
029-846-7138
受付時間:10:00~18:00 
定休日:日曜日

教室一覧

こどもプラスつくば吾妻教室(児童発達支援事業)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原101号
チャイルドブレインつくば吾妻教室(放課後等デイサービス)
〒305-0031 茨城県 つくば市吾妻3丁目7−15 パレス柴原105号
総合療育センターつくば東教室(放課後デイサービス)
〒305-0046 茨城県 つくば市東2丁目26−3 エムズ スクウェア
総合療育センターつくば二の宮教室(児童発達支援・放課後デイサービス)
〒305-0051 茨城県 つくば市二の宮4丁目1−26 大洋テナント 1F
夢を叶える就労トレーニングつくば花室(中高生向け放課後デイサービス)
〒3050025 茨城県 つくば市花室848-1 花室Sテナント1階
学びの教室 つくば教室
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3丁目7-14 エスワンビル2-B号室
脳ヨガつくば教室 ※開講準備中
〒305-0051 茨城県つくば市二の宮4丁目1-26 大洋テナント2F